新山温泉 旅館 上の湯

基本データ
URL 島原の奥座敷 新山温泉 旅館 上の湯
住所 長崎県島原市新山4丁目8826
電話番号 0957-63-2290
営業時間 8:00〜18:00
定休日
入浴料 大人550円、小人350円
泉質 含鉄泉(鉱泉)
温泉分析書等
訪問日 2004.11.8

約210年前、島原大変の眉山崩壊で一帯が土砂に覆われた後、河原の片隅でわいているのが見つかったのが始まり。眉山のふもとの湯治場として地元住民に長く愛されてきた。長崎ゆめ総体の選手団を迎える為に平成15年2月、浴場が改築されリニューアル。
(資料:長崎新聞2003年3月7日記事)

脱衣場も浴室もまだ新しく、気持ちよい。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


島原市内のあちこちの電柱に「上の湯」の赤い看板が出ているのが目に付く。
「島原の奥座敷」というだけに、少々奥まった静かな環境にあり、島原市街地とはまた異なる泉質の温泉を楽しめる。

見事に手入れされた庭園も素晴らしい。なんでも約20年がかりで造られものだとか。

訪ねたときには他にお客さんがおらず、受付を済ませた後、従業員さんが浴場の裏にジャグジーや打たせ湯のスイッチを入れにいってくれた。
湯小屋入り口付近
写真奥は見事な庭園


男 湯


鉄分を含んでいるというお湯は、黄褐色に濁って浴槽の底が見えない。

しかし鉄臭や鉄味は感じず、見た目に比してあっさりしたお湯だった。
溶岩ドームをイメージした
ボディーシャワー室だそうだ
ジャグジーのついた内湯
右は打たせ湯、腰掛けは島原石
床は硬い美濃石で敷かれている
男湯の浴室隅には、こんなものも

浴槽のところにある赤と緑のレバーのうち、緑の方から源泉そのままの冷泉が出ると聞いていたので、ひねってみたが何も出なかった。あれれ?

温泉分析書の掲示が無かったのが残念。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長崎県  2004年11月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved