壁湯温泉  旅館 福元屋

基本データ
URL 壁湯天然洞窟温泉 旅館 福元屋
住所 大分県玖珠郡九重町大字町田壁湯
電話番号 0973-78-8754
営業時間 7:00〜22:00
定休日
入浴料 大人300円、小人(3歳〜小学生)150円
泉質 単純温泉(中性低張性温泉)
温泉分析書等 泉温:37.8℃
備考 混浴露天風呂、女性内風呂
訪問日 2004.11.20

朝8時過ぎに入浴すると、福岡から来たという先客のおじさん一人。神田湯(天ヶ瀬温泉)→福元屋→蛍川荘(川底温泉)のお気に入りコースが決まっていて、このコースを月に2回ほど訪ねるとのこと。それぞれ1時間位ゆっくり温まるそうだ。確かに、このコースだったら、あたたまるには1時間ずつかかるやろうなぁ。

半洞窟風呂のぬるい温泉につかっていても、まだ寒いと感じることはなかったが、寒くなってきて、特に朝は湯気がひどく、写真がよく写せない。宝泉寺温泉界郷も、あちこちから湯気が上がっていた。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


入り口の門 門の裏には、トウモロコシが
ぶら下げてあり、良い雰囲気
旅館の玄関には
「日本秘湯を守る会」の提灯
旅館の建物外観
旅館の玄関から川べりまで
さらに坂を下りる
右が女性専用内風呂の浴舎
左の門の先が天然洞窟風呂
女性用岩風呂入り口付近
外壁には分析書や由来のパネル
壁湯温泉の説明パネル

湧出量1700リットル/分の足下湧出のぬるめの湯は、どこまでも澄んで清冽。

口に含むと、ほのかに甘味を感じるお湯だ。
町田川から見た半洞窟風呂
こちらは混浴
長い年月をかけて清流に削られ、自然にできた洞窟だそうだ
足元湧出の極上温泉、無色澄明のやわらかい湯

川っぷちの露天風呂は、掃除されてないようで、底に何やらたまっているが、、、気にしない、気にしない。
「自然の力は
やさしく癒してくれます」
さらに川べりに、もう1つ
露天風呂の浴槽がある
こちらの露天風呂に入れば
目線は、ほぼ川と同じ



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2004年11月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved