(太宰府市)神護山 光明禅寺  平成16年の紅葉

基本データ
URL ■太宰府市 より 観光ガイド 光明禅寺(こうみょうぜんじ)
■太宰府市 より 観る・魅る太宰府シリーズ1「ようこそ太宰府へ」
   No.7 光明禅寺 静けさの秘密
■太宰府観光協会 より 歴史発見マップ 光明禅寺
住所 福岡県太宰府市宰府2-16-1
電話番号 092-922-4053
拝観時間 8:00〜17:00
定休日
拝観料 200円
訪問日 2004.11.23

鎌倉中期の文永10年(1273年)、菅家の生まれである鉄牛円心和尚が創建した臨済宗東福寺派に属する禅寺。枯山水の庭がある九州でただひとつの石庭苔寺で、「九州の苔寺」とも呼ばれている。現在の庭園は、もともとあった庭を重森三玲氏が補修したもの(昭和32年)。

ここは太宰府天満宮の喧騒とは別世界の静寂がひろがっている。一人静かに言葉を失いたいときは、そっと訪ねてみるとよい。

…はずなのだが、この日は紅葉シーズンの祭日とあって、まぁ人、人、人、人。見物客が、こうも欄干に鈴生りになっている様子は、初めて見た。また他所と同じく、今年はここの紅葉も今ひとつの模様。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


藍染川が、すぐ前を流れている 夕日に映える紅葉 仏光石庭(前庭) 前庭の石は、本堂側から眺めると
「光」に配置されているのがわかる
案内パネル 玄関の靴、靴、靴、靴
人、人、人、人
まずは本堂のご本尊にお参り 本堂から眺める裏庭は
まるで一幅の絵のよう


裏庭「一滴海の庭」


今年は、紅葉の色づきイマイチ
鈴なりの見物客
裏を見せ 表を見せて 散る紅葉 (良寛)

昔は、茶室も開放されていて、そこから眺めるお庭は また格別に美しいものだった。
現在、茶室内部が一般公開されなくなっているのが残念だ。



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2004年11月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved