北方温泉四季の里 七彩の湯(なないろのゆ)

基本データ
URL 北方温泉四季の里 七彩の湯(なないろのゆ)
住所 佐賀県武雄市北方町大字大崎4300-1
電話番号 0954-36-5926
営業時間 10:00〜23:00
定休日 不定休
入浴料 大人(中学生以上)600円、小人(3歳以上小学生)300円
幼児1名無料 2名300円
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)
温泉分析書等 泉温:36.5℃ 湧出量:1601L/min pH8.00
極微白濁極微泥臭味 成分総計:1.886g/kg
備考 シャンプー&ボディソープセット有、ドライヤー有
訪問日 2004.12.18

平成16年10月8日にオープンしたばかりの新しい温泉施設。

パンフレットやホームページ等には、【泉質】ナトリウム(炭酸水素塩泉)イオウ泉 【浴場施設の特徴】極上天然温泉 と記載されている。「療養泉」の厳密な定義では、総硫黄(S)[HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの]の含有量(1kg中)が2mg以上で「硫黄泉」となるが、温泉分析書上は、硫化水素イオン(HS-)(−)、遊離硫化水素(H2S)(−)、いずれも含まれていない。しかし、浴室に入ると、確かにほんわか硫黄の良い香りが漂っている。

なにより、ここの重曹泉のお湯の驚異的なヌルヌルには驚いた。佐賀にはヌルヌル温泉は多いが、わかりやすーい温泉(?)だよね。若干の塩素臭はあるが、このお湯だったらリピート率は高いと思われる。

休憩室の壁には、雑誌か何かのコピーが張ってある。うろ覚えだが、もともと北方の炭鉱だったところで、昔から温泉の存在が伝えられていたそうだ。それをもとに1000m掘ってみたが温泉は出ない。もう100m掘ってもまだ出ない、さらに100m掘ったら地下1200mのところから温泉が湧き出た、との話。

それにしても、お客さんが多かった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


道路から見る全景 外には、無料の足湯
湯は入っておらず、空だった
アプローチ、門と建物 玄関付近から見た外観
こちらには宿泊のできる離れもあって、内風呂、露天風呂付きの部屋(和室とログハウス)があるそうだ。

家族湯としての利用もできるとのこと。
玄関には
立派な「七彩の湯」の看板
ロビーに「釣堀」があり、自分で
釣った魚を料ってもらえるらしい
ロビーには何故か五重塔が
左奥フロント、右奥が風呂入り口


男 湯


入り口 かかり湯付近から見た内風呂 露天風呂にて
左は磁器風呂
露天風呂
大浴場に入ると、まずかかり湯。内湯は大きく2浴槽にわかれており、一方は寝湯(ジェット)とジャグジー風呂になっていて、一角に水風呂もある。水風呂にも源泉を使っているため若干の濁りがあるとの説明が張ってある。奥にはサウナも。大浴場の壁には、色鮮やかな大きな陶板の壁画(縦200cm×横320cm)がかけてある。男湯「冨嶽三十六景陶板」、女湯「源氏絵巻陶板」とのこと。

露天には樽風呂や磁器・焼き物風呂もある。打たせ湯は自分でスイッチを入れると2分間お湯が落ちてくる仕組み。
樽風呂と五右衛門風呂 打たせ湯
スイッチを押すと2分間作動


女 湯


入り口付近 内湯
壁には陶板による壁画
洗い場の裏は
腰かけになっている
露天風呂 露天風呂は岩風呂 焼き物風呂・樽風呂・陶器風呂 きれいな陶器風呂



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2004年12月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved