湯田温泉 西村屋

基本データ
URL 山口・湯田温泉の旅館「西村屋」
住所 山口県山口市湯田温泉4丁目1-30
電話番号 083-922-0250
営業時間
定休日
入浴料
温泉分析書等 西村屋1号泉(単純泉 24℃)
湯田温泉ミックス泉(アルカリ性単純温泉 66℃)
備考 通常は、立ち寄り入浴不可
訪問日 2004.12.19

西村屋は明治39年創業の老舗。詩人の中原中也が結婚式を挙げた「葵の間」は今もそのままに残され、中也ファンの憧れになっているとのこと。大浴場近くに、中也と山頭火の展示コーナーが設けてある。

4月の「湯田温泉白狐まつり」のとき以外は通常は外来入浴できない旅館。『温泉博士』12月号で19:00〜21:00の2時間だけ特別に入浴できるとあって、こちらも雑誌持参のお客さんが大勢詰め掛けていた。私は男女浴室入れ替えの20時前頃行ったので、「千代の湯」は3人程しか入っていなかったが、狭い脱衣場は10名以上の湯上りの人でごった返していた。ただでさえ狭いに、これだけ一度に入ったら、一体どんな状態だったんだろう?

大浴場は、広くて露天風呂もある「錦香泉」と、ジェット噴流が付けてある狭い「千代の湯」がある。20時に男女が入れ替わる仕組みなので、両方入ることも可能。敷地内の自家源泉と湯田温泉ミックス泉を混合した湯が、加熱・加水・ろ過なしで24時間掛け流されているそうだ。自家泉源の湯口ではほんのり硫黄の香りがする。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


県道(大通り)から
通り1本入ったところにある
玄関付近 ロビーとフロント ロビーの展示ケースは
お正月の装い


湯上がりに、お庭を眺めながらテラスで涼むことができる。
素敵な一輪挿しのお花 この池の水も冷泉とのこと。 湯田温泉集中管理方式
系統図


錦香泉


円形の内湯
他に打たせ湯、臥せ湯もある
真新しい露天風呂「風来の湯」 「風来の湯」は今年11月13日に
完成したばかりとのこと


千代の湯


半円形の浴槽が1つ 自家泉源の湯は飲泉可
湯口にコップが置いてある
硫化水素臭が感じられる湯口 自家源泉とミックス泉の混合泉

飲泉できる自家源泉は冷泉なので、美味しく飲めて、喉の渇きが癒える。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  山口県  2004年12月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved