嬉野温泉  公衆浴場 古湯温泉
現・シーボルトの湯 建設工事現場(2009年8月)


シーボルトの湯 建物外観・男女別大浴場こちら / シーボルトの湯 館内の様子・貸切湯こちら


基本データ
URL
住所 佐賀県嬉野市嬉野町  ▼地図こちら(MapFanWeb)
電話番号
備考 平成8年9月閉鎖、平成17年6月解体
訪問日 2005.1.13 / 2006.8.22 / 2009.5.7 / 2009.8.11

嬉野温泉のシンボルとも言うべき公衆浴場「古湯温泉」は、嬉野川沿いにある。藩営(鍋島支藩の蓮池藩)の温泉浴場の跡地。赤い屋根の洒落た木造3階建てのゴシック調の建物は、ドイツ人の設計で大正13年に建てられたもの。

老朽化のため平成8年より閉鎖されていたが、昨年3月町が買い取り、再建を検討中とのこと。残念ながら私もここの温泉に入ったことがない。再生に大いに期待する次第。

隣接する東屋は鍋島藩の「湯の番所」だったとのことで、シーボルトが江戸参府随行の折、同行の絵師が描いた絵が残っている。嬉野名物の温泉湯豆腐は、東屋の先々代が明治の中頃、川の近くより湧く温泉水を利用して造り始めたのがの発祥だそうだ。(資料:東屋パンフレット)



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


2005年1月13日


この施設【古湯】は平成8年9月から老朽化により閉鎖(廃業)されていましたが、平成16年3月に嬉野町が購入いたしました。まもなく新しい施設として再生を行う予定です。

平成16年5月佐賀県嬉野町
公衆浴場 古湯温泉
写真左は温泉湯豆腐の「東屋」
嬉野橋、嬉野川の対岸から 「古湯」の歴史の説明パネルが
壁面に掲示されていた

(2010年6月追記)
この建物も解体されて無くなってしまった今、この写真も貴重な記録と言えるのかもしれない。内部の写真が無いのが残念。



2006年8月22日


解体されたと聞いていたので、見に行ってみたら…あらら、すっかり更地になってしまっていた。今後の再建の具体的な計画が どうなっているのか、気になるところ。


古湯温泉は解体され、すっかり更地になっていた 「古湯温泉は新しく生まれ
かわります。」とあるが…
嬉野川、対岸から
本通り(商店街)の「街角ギャラリー」には
大正13年8月建設当時の古湯の模型が展示されている(平成18年2月)
東屋さんの外壁の説明パネル
古湯温泉と温泉湯豆腐について


2009年5月7日 佐賀県立宇宙博物館(ゆめぎんが) 春の特別企画展にて


佐賀県立宇宙科学館「ゆめぎんが」にて、2009年3月20日〜5月10日に開催された春の特別企画展『温泉〜「地球の恵み」を科学する〜』を見学に行った。


ゆめぎんがロビー 特別企画展 入り口 ロビーでは、佐賀県内の
温泉地のパネル展示
特別企画展の会場には
嬉野温泉の「手湯」も
ロビーでは、佐賀県内の温泉地のパネル展示も開催されていた。

嬉野温泉・古湯温泉の模型展示や、昔の写真を、興味深く眺める。
大正13年に建てられた嬉野温泉公衆浴場「古湯温泉」模型 昔の写真の展示


古湯温泉正面

大正13年8月新築
(昭和初期)


古湯温泉建設工事

大正11年の温泉街火災による嬉野温泉場全焼後の復旧工事
(大正12年頃)


大村屋旅館

右には古湯温泉と鉄橋の嬉野橋。対岸の温泉公園には貸しボートの小屋があった
(昭和20年頃)

古湯温泉と川原

左の温泉公園にある建物は貸しボート小屋
(昭和20年〜30年頃)


2009年8月11日 シーボルトの湯 建設工事現場の様子


2009年4月に始まった公衆浴場「古湯温泉」の再建工事は、2010年4月開業に向け、着々と進んでいた。


ちょうど薬師堂のお祭りか、嬉野橋には、薬師如来の提灯
古湯の脇にたつ薬師堂 薬師堂から見下ろす建設現場



シーボルトの湯 建物外観・男女別大浴場こちら / シーボルトの湯 館内の様子・貸切湯こちら


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2005年01月一覧 2006年08月一覧 2009年08月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved