嬉野温泉 シーボルトのあし湯(足湯)・嬉野天立の庭

基本データ
URL 嬉野温泉観光協会
住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙  ▼地図こちら(MapFanWeb)
電話番号 (嬉野温泉観光協会) 0954-43-0137
営業時間 24時間
定休日
入浴料 無料
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:嬉野温泉観光株式会社 第4-1源泉
泉温:78.4℃ pH7.54 成分総計:1663mg/kg
(成分分析年月日 平成15年2月20日)
備考 加温調整、循環装置使用、塩素系薬剤使用
訪問日 2005.1.13 他

オランダの外科軍医少佐であったシーボルトは、1826年(文政9年)オランダ商館長の江戸参府に随行した際、嬉野温泉に宿泊。藩主のみが使う温泉場(現在の古湯温泉)に入ったとされている。このとき、シーボルトは嬉野温泉の成分を化学分析している。これが佐賀県における化学分析の最初であり、温泉分析第一号でもあるそうだ。

また、嬉野町の特産である「嬉野茶」もシーボルトによって嬉野町に伝えられた。

平成12年に旧長崎街道沿いに設けられた足湯は、このシーボルトにちなんでネーミングされている。温泉街の中心部、遊湯広場にある。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


古湯温泉の意匠が
取り入れられている
立派な岩風呂
腰かけ用のスノコの用意も
足湯にも、きちんと分析表の掲示がしてあって、感心する
足湯のところは、きれいな日本庭園になっている 駐車場の場所案内


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2005年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved