熊の川温泉 鵆の湯

基本データ
URL ちどりの湯 佐賀県富士町熊の川温泉
住所 佐賀県佐賀市富士町上熊川204-8
電話番号 0952-64-2388
営業時間 10:00〜22:00
定休日 第3木曜日(祝祭日は、翌金曜日)
入浴料 大人(高校生以上)500円、子供(6才以上)300円
泉質 単純弱放射能泉(低張性アルカリ性温泉)
温泉分析書等 源泉:熊の川第二源泉(鵆熊泉 こうゆうせん)
泉温:38.7℃ 成分総量:165.8mg/kg
(温泉分析年月日H4.8.4)
(以下、公式ホームページより) 無色透明無味無臭
ラドン含有量:34.62マッヘ/kg
訪問日 2002.1.12 / 2004.7.10 / 2005.1.18

平成10年オープンの3セク温泉。その昔、弘法大師がこの地を訪れたとき、嘉瀬川に多くの千鳥が集まり、そこから湧き出す湯で傷を癒しているのを見て熊の川温泉を発見したという伝説から命名されているとか。

湯は無色透明でサラリとしており、これといって個性は無い。ラドン含有量は療養泉規定の4倍あるそうだが、脱衣場の分析書パネルにはラドンの項目は無い。公営温泉は最近どこでもそうであるように、やや消毒の塩素臭が強いように思う。しかし前回に比べるとそれほど気にならなかった。

ここは何度か来ているが、いつもお客さんが多い人気施設。狭い脱衣場は、しばしば混雑。夜遅くまで開いており、比較的新しくて館内もきれいで、気軽に立ち寄りやすい雰囲気のためだろうか。今日は割と少なかったといっても内風呂には常に6、7人のお客さんがおり、湯気もひどくて写真は撮れず。人が多ければ、それだけ色々な人もいる。小さな子どもが大浴場ではしゃいだり泳ぎ回ったりする光景に出くわす確率も高い。イマドキの親はまったく何考えてるんだか、と思いつつ、何の注意もできない小心者の私。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


玄関 受付フロント
右の廊下を進めば大浴場
ロビー休憩所の水槽には
嘉瀬川に棲む魚たちが泳ぐ
畳敷きの和室の休憩室
建物の外観 廊下の奥が大浴場 廊下の突き当たりに
飲泉所のつくばい


女 湯


脱衣場と洗面所 かかり湯
「飲用温泉」の蛇口もある
露天に、小さいながら
サウナもある
露天はウッドデッキのテラス
右奥は小さな水風呂

内風呂は2つに仕切られており、狭い浴槽は熱く、広い浴槽は適温でジェット噴射なども付いている。
かかり湯槽にある「飲用温泉」の蛇口からペットボトルに湯を汲んでいる人も多い。
家族風呂には入ったことがないが、同浴になった人の話によると、かなり広いとか。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2005年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved