筑前乃湯 神水 まむし温泉

基本データ
URL まむし温泉
住所 福岡県糸島郡二丈町吉井2380-1
電話番号 092-329-3003
営業時間 10:00〜22:00
定休日 不定休
入浴料 大人(中学生以上)800円、小人(4歳以上)400円
泉質 ラジウム泉
温泉分析書等
訪問日 2002.3.13 / 2004.6.10 / 2005.1.18

館内に色々張られている雑誌等の切り抜きをまとめると、まむし温泉の歴史は次のようなもの。

弘法大師が諸国行脚の折、マムシにかまれて苦しむ人を見て、法力で薬水を噴出させたとの伝説があるが、その昔、マムシにかまれたサルやイノシシがここの湧き水を飲んでいたことから、毒消しの湯治場として広く知れ渡ったのが始まりらしい。かつて、この場所には木造2階の湯治場があり、マムシの毒に効果ありと、血清ができるまではマムシやムカデにかまれた人、オコゼに刺された漁師さんなど多くの湯治客が訪れていたそうだ。

時代の流れで、ここ20年ほど廃れていたのを買収、建て替えて、1998年4月にオープン。マムシだけでは縁起が良くないと、頭に”筑前””神水”を加えたという。

まむし温泉の水の結晶は「六角結晶」で、身体に吸収しやすい天然アルカリイオン水とのこと。この結晶水を温泉・飲料水・料理すべてに使用。皮膚炎や美顔にも効果があるらしい。脱衣場でも、その水を飲むことができる。まったく癖が無く、喉ごしすっきり、美味しい。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


外観 フロント
右はお土産コーナー
フロントの奥には、ずらりと
「日本の土鈴」コレクション
地元のアーティストの作品の
展示販売コーナー 奥は食堂
畳敷きの休憩室 浴室入り口の暖簾 駐車場の隅にある名水販売所
20リットル100円
水販売所に掛けてある
「まむし湯の由来」 


男 湯


脱衣場と洗面所 かかり湯 内湯 写真手前は水風呂 天然塩サウナと水風呂
さまざまな種類の浴槽が並ぶ露天風呂 露天の一番奥にある
桧風呂と一人用壷湯

ここのお風呂で面白いのは、やはり露天風呂。岩風呂、ひのきの樽風呂、打たせ湯、壷湯、五右衛門風呂など種類が多い。
壷湯は時間によってはお茶風呂、ワイン風呂になるらしいが、なにしろ一人用サイズで、そこにどんどん新しいお湯が注がれているわけだから、しばらくすれば、ただの湯に戻ってしまう。しかし、ザッバーンと豪快にお湯を溢れさせながら一人で入る壷湯は、それだけで面白い。内風呂には高温サウナの他に、男女とも塩サウナがあるのもセールスポイント。



女 湯


浴室入り口で
美女がお出迎え?
ずらりと並ぶ脱衣場ロッカーと
洗面台
まむし温泉「生水」飲み場
左上写真は水の結晶
内湯
塩サウナは、まむし温泉の
セールスポイントの一つ
露天風呂
写真右は打たせ湯
さまざまな浴槽が並ぶ
露天風呂
一人用の壷湯

常連のお年寄りの話によれば、それまで歩けなかった脚の痛みが、ここに通うようになって歩けるようになったとか。
26日風呂の日は入浴料が安くなるので、とても混雑するそうだ。(※)

※おふろの日のイベントは2007年6月をもって終了。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2005年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved