波佐見温泉 波佐見温泉センター

基本データ
URL
住所 長崎県東彼杵郡波佐見町長野郷558-3
電話番号 0956-85-3505
営業時間 9:30〜21:00
定休日
入浴料 800円(9:30〜16:00) 580円(16:00〜21:00)
泉質 純重曹泉
温泉分析書等 掲示無し
備考 2006年閉鎖されました
訪問日 2005.3.16

のどかな田園風景に囲まれた波佐見温泉。朝一番9時半前に到着して本館前で待機していると、開店前から続々とご老人がやって来る。時間になると、玄関前のポストに「清掃が終わりました」の小さな紙が張り出された。

『温泉博士3月号』無料手形を利用しての入浴。迷わず本館の受付に行けば「この雑誌の写真は新館の方です。お湯は同じですが、新館はお風呂の種類が多くてサウナもあります。こちら本館は湯船は1つでシャワーも無いですよ。」との確認。どちらでも良いとのことだったが、いえいえ、本館の方でお願いします、と入館。

建物は かなり くたびれているものの、高齢者指向の このB級っぽい雰囲気が、たまらなく魅力的。ご老人が思い思いに くつろいでいる姿も ひっくるめて「波佐見温泉センター」の雰囲気、とでも言おうか。風呂場は相当の混雑を覚悟していたが、思いのほか少ない。開店前から並んでいた皆さんは何をしてるんだろうと思えば、休憩室の方で のんびり過ごしている人が多いようだ。

風呂上りに、売店の前で冷鉱泉の試飲。トロンとまろやか、やわらかい。売店の お洒落なオバチャマが色々説明してくれたところによると、山の方から取水する ここの冷鉱泉は飲めば何にでも効くのだとか。10リットル1,000円、次回から容器を持参すれば550円で販売されている水は、手間隙かかるので宣伝していないものの、特に癌に効果的とのことでクチコミで広がり、遠くは東京などからも注文が来るそうだ。お風呂のお湯は、その効能高い冷鉱泉を沸かしたもの。事前に調べて波佐見温泉が良いとの情報を得て、病気を治すための湯治で訪ねる人も多いらしい。朝から来て、本館で16時まで過ごし、その後新館に移動して夜まで一日中いる人もいるそうだ。800円という入浴料金は安くないが、朝から晩まで休憩付きで一日過ごすなら、よいかもしれない。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


自然ふれあい陶磁器の町
波佐見町
波佐見温泉センター本館全景
奥の三角屋根が浴場
波佐見温泉センター
本館玄関
「家族湯は こちら」
波佐見温泉旅館(新館)
こちらはサウナ等もあるそうだ
旅館の前には「だ鳥の園」 中にはダチョウ1羽と
ニワトリなどなど
温泉センター本館
受付
ロビー休憩所
奥には広い畳敷き休憩所も
日用雑貨でも何でも揃う売店
花粉症用マスクは一枚20円
浴室に続く通路で展示販売の
おばあちゃん用の洋服
浴室入り口の暖簾


男 湯


脱衣場 入り口付近から 浴室奥から 湯口付近
浴槽は2槽に仕切ってあり、やや狭く ぬるい方がジャグジーになっている。

重曹泉(炭酸水素塩泉)のお湯は無色透明、聞いていた通りヌルヌルして気持ちよい。湯口で うっすら硫化水素臭がするのだが、これが、なにか雲仙地獄などの火山地帯で嗅ぐような匂いで、温泉で嗅ぐのは私は初めて。
男女の境の壁と天井を見る 「泉質は純重曹泉です
日本一良泉と云はれます」


女 湯


脱衣場 脱衣場と浴室入り口 入り口の頭上に適応症の表示 入り口付近から浴室内を見る
浴室奥から 洗い場 波佐見の四季を盛り込んだ
パネルが、壁にはまっている
湧出量が やや少ないため
大浴場は一部循環とのこと 



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長崎県  2005年03月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved