由布院温泉  石松温泉 加勢の湯

基本データ
URL 由布院温泉観光協会 より 由布院 立ち寄り湯一覧
住所 大分県由布市湯布院町川南394-1
電話番号
営業時間 18:00〜22:30
定休日
入浴料 100円
泉質 単純温泉(緩和性低張性高温泉)
温泉分析書等 温泉名:石松温泉 泉温:77.5℃
成分総計:955.7mg/kg (温泉の分析年月日 S31.3.31)
訪問日 2005.3.20

老若男女で賑わう観光地【由布院】の対極のような西石松共同温泉。なんでも明治期に建てられて120年余が経つという鄙び系共同湯の極致。知らなければ、これが温泉だと気付かずに通り過ぎる人も多いだろう。ただただ素晴らしい。ここは余計な言葉は要らない。

男女の浴槽は1つで、その中央が壁の板で仕切られているだけ。しかし湯面スレスレまで仕切りがあるので、反対側を覗くのは困難。湯に潜るなら話は別だが。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


県道11号線に面する湯小屋
東側から
県道の西側から 湯小屋入り口 入り口に掲示されている
昭和31年の分析書


男 湯


男湯は、入り口に向かって左 脱衣棚 入り口から見た浴槽 浴室奥から見る
お湯は、湯面近くの上の方が かなり熱くて火傷しそう。蛇口から少々水を加えながら置いてある湯まぜで底から掻き回すと、ちょっと熱めだが入れる温度に。もわーっと温泉の匂いにつつまれ、肌もツルツル。無色透明の単純泉の やさしい良いお湯、あぁ極楽。

時代を忘れそうな静かな薄暗い湯小屋に、男湯の方に置いてあるポンプの稼動音だけがガタガタ響いていた。 
格子になっており風が入る
ガス中毒の心配は無し!
左奥に黒いポンプがあり
ガタガタ音を立て稼働中


女 湯


女湯は、入り口に向かって右 浴室奥から
入り口方向を見る
脱衣棚 入り口付近から見た浴槽
浴室奥から 湯小屋の奥には
仏様と腰掛の台
大事に守られてきた共同浴場 天井も見ごたえあり!



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年03月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved