【2005年別府八湯温泉まつり】 桜ヶ丘温泉

基本データ
住所 大分県別府市桜ヶ丘5組3−1
泉質 (掲示無し)
温泉分析書等 (掲示無し)
備考 ジモ泉(通常は入浴不可) 別府八湯温泉まつりにて特別開放
訪問日 2005.4.1

桜ヶ丘公民館に併設の温泉。まだ新しくてきれい。組合員さんに尋ねてみたところ、改装して4、5年ぐらいかな、との話。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


組合長さん風のオッチャンに「福岡からです。」と挨拶したら、源泉の蓋を開けて中を見せてくれた。無色透明のきれいなお湯。

「お湯を持って帰らんね。」とも言ってくださったが、残念ながら容器が無かった!
桜ヶ丘公民館 1階温泉入り口 源泉は73℃あるそうだ


男 湯


浴槽 脱衣場側から 浴槽 浴室奥から 湯だめ


女 湯


脱衣場の壁 脱衣場 組合員は、脱衣棚に
入浴カードを掛けておく
浴室入り口
組合員用のジモ泉に見知らぬ人間が入っていくと、初めは「?」という顔をされるが、「温泉まつりなのでお邪魔します。」と挨拶すれば「どうぞ、どうぞ、ごゆっくり」と温かく迎えて下さる。

特に桜ヶ丘温泉は、同浴になった皆さんが優しい方ばかりで、私は印象に残った。清々しい気分で一日を締めることができ、感謝。
浴槽 湯だめ

小学校2、3年生ぐらいの女の子2人と一緒になった。これがまぁ礼儀正しい子たちで、きちんと敬語で喋ってくれるもんだから、恐れ入ってしまった。 「いつもこの温泉に入ってるの?」と話しかけると「えぇーっと、週に7日ぐらい入ってます。」「それって、毎日入ってるってことだね(笑)。」 3月末に1泊2日で東京に家族旅行で行ったが、東京は温泉が少なかったとお喋りしてくれた。そりゃ別府と比べる方が間違いだ!




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県別府市  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved