栗野岳温泉 南洲館 その2 ≪桜湯≫


南洲館&八幡地獄  ■桜湯  ■竹の湯  ■蒸し風呂


基本データ
泉質 硫黄泉(低張性、弱酸性、高温泉)
温泉分析書等 源泉名:栗野岳温泉 桜湯
泉温:58.4℃ 性状:無色透明・酸味・硫化水素臭 pH3.0
ラドン含有量 1.64(百億分の一キュリー単位)
成分総計209.0mg/kg (温泉の分析年月日H4.7.13)
備考 ドライヤー有料
訪問日 2005.4.9

桜湯は、切り傷や婦人病に効果的な硫黄泉。

(2005.4.9.訪問)
満開の桜に迎えられた。雑誌『自遊人』の無料パスポートを使わせてもらう。3ヵ所ある温泉のうち1ヵ所好きなところに入ってよいとのことで、今回は「桜湯」へ。

灰白色の綺麗な濁り湯で、う〜ん、良いお湯!と思わず声に出したくなる。湯口からの湯を口に含んでみたが、酸味はあまり強くなく、見た目のインパクの強さに比べると、おとなしい印象。お湯の肌触りも、サラリとしていて、やさしい。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


桜湯 外観 浴舎を裏から見たところ 入り口を入ると、廊下になっている


男 湯


男湯は、入って左側 脱衣場 脱衣場から浴室を見る
浴室奥から
湯口 天井の木組みも、趣がある


女 湯


男湯は、入って右側 浴室奥から脱衣場の方を見る
浴槽 湯口 縁や洗い場は赤く染まっている
女湯の浴槽の方が、男湯より、少しだけ広くなっている。

湯船からあふれたお湯が、どんどん床を流れ去っていく。贅沢だなぁ。
天井を見上げる



南洲館&八幡地獄  ■桜湯  ■竹の湯  ■蒸し風呂


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県  2005年04月一覧 2007年01月一覧 2009年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved