まさかり温泉 テイエム牧場温泉

基本データ
URL ようこそテイエム牧場へ > テイエム牧場温泉
住所 鹿児島県垂水市新城赤石4459-1
電話番号 0994-32-3520
営業時間 9:30〜20:30(4月〜9月は〜21:00)
定休日 無休
入浴料 330円 子供150円
泉質 炭酸水素塩泉(低張性、中性、高温泉)
温泉分析書等 テイエム温泉 源泉所在地:垂水市新城字赤石4444番地1
使用施設名及び所在地:
まさかり温泉公園、垂水市新城字赤石4453番地1
泉温:45.3℃ 性状:(ゆう出地)無色透明、強苦味、無臭
(試験室)微弱黄色微濁・収れん味弱苦味・無臭 pH6.7
ラドン含有量 0.17(百億分の一キュリー単位)
成分総計:4525mg/kg (温泉の分析年月日 H7.7.31)
備考 家族湯は、1時間1,000円+人数分入場料
訪問日 2005.4.10

前々から疑問に思っていたことを、受付で尋ねてみた。「テイエムという変わった名前は、一体、どういう意味なんですか?」おじさん「オーナーのイニシャルです。競走馬を持っているんですよ。」「あぁ、それで“牧場”と付くんですね。」

そう、ここはGIデビューして圧倒的な強さを見せたテイエムオペラオーはじめ、中央競馬で活躍するテイエム軍団の牧場のあるところ。
TM=竹園正継(たけぞのまさつぐ)氏のイニシャルというわけだ。

私は競馬は ちっともわからないが、競馬ファンなら、受付で競馬の話題で盛り上がるらしい。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


「温泉公園」になっており
バンガローなどもある
すぐ目の前は、錦江湾
まさかり海水浴場
温泉公園入り口ゲートと受付棟
ゲートには「天然自噴・黄金の湯」
「地下千数百メートルからの
送り物」 受付前に展示中
受付棟のところには、石のように硬い析出で詰まったパイプだの何だのが展示してあり、触れられるようになっている。
テイエム温泉牧場は
こちらの建物
浴室入り口 御さい銭つぼと書いてある
入り口の大きな壷

温泉は、なかなか野趣溢れるつくり。お湯は黄色に濁っており、「凄い」を通りこして「凄まじい」析出が感動的。思わず何枚も写真を撮ってしまう。 内風呂の方はサルノコシカケ状というかテーブル状というか、天然の縁になっている。このままでは、いずれ湯船を埋め尽くしてしまいかねない。 受付のおじさんに、何年でこの状態に成長したのかと尋ねたら、平成8年頃からだとのこと。「手入れが大変なんですよ。硬くてねぇ…。」



男 湯


湯口の湯を飲んでみたが、「ラムネ温泉」の表示がしてある通り、しっかり炭酸を感じる。
重曹味と えぐ味も強い。

内風呂のお湯は、露天風呂に流れ込み、そして海へと流れ去ってゆく。

錦江湾の眺めの良い露天風呂は、コテコテの析出で覆われ、原型をまったく留めていない…。
脱衣場
競走馬のポスターが張ってある
サルノコシカケ状の
芸術的な析出
内風呂 驚異的な析出で、いずれ湯船が埋め尽くされるのでは???
風防のビニールを垂らした洗い場 海が眺められる露天風呂 露天風呂の湯口の析出 海側から見た露天風呂
垂れ流される温泉で析出が凄い


女 湯


脱衣場
床に敷かれたスノコが気持ちよい
内風呂 露天風呂は内風呂を
横切って、奥の扉から出る
凄い析出物である 何ともワイルドな温泉
奥の水風呂は夏場だけ
テーブル状に張り出した析出 湯の花についての説明パネル 風防ビニールを垂らした洗い場 洗い場
冷たく冷やした垂水の
天然水が用意してある
内風呂から露天風呂への
出入り口
露天の階段も、この状態 海から離れた方の浴室は
狭めの湯船が2つ



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved