海潟温泉 江之島温泉

基本データ
URL 海潟 江之島温泉  ■温泉再生日記のブログ
住所 鹿児島県垂水市海潟541-1
電話番号 0994-32-0765
営業時間 8:30〜21:00
定休日 不定休
入浴料 大人200円  小人100円
泉質 【1号泉】ナトリウム−塩化物温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)
【2号泉】アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 高温泉)
温泉分析書等 【1号泉】 湧出地:垂水市海潟541-1
湧出地における調査及び試験実施日:平成14年4月15日
泉温:44.9℃、湧出量− 吸上ポンプ
性状:無色透明 硫化水素味 塩味 無臭、PH値:9.1
ラドン含有量:4.9×10-10Ci/kg(18.1Bq/kg)
成分総計:3136mg/kg
【2号泉】 湧出地:垂水市海潟541-1
湧出地における調査及び試験実施日:平成14年4月15日
泉温:47.6℃、湧出量− 吸上ポンプ
性状:無色透明 微硫化水素味 微硫化水素臭 pH値:9.8
ラドン含有量 3.2×10-10Ci/kg(11.8Bq/kg)
成分総計:328.5mg/kg
備考 備品類無し
訪問日 2005.4.10 / 2009.9.26 写真追加

【2005年4月10日】
いい具合に鄙びた温泉で、昭和で時間が止まってしまったような空間は、これぞ共同湯のお手本といった趣の佇まい。共同湯ファンにとっては垂涎ものだ。無論、完全かけ流しのお湯使いも、文句無し。実際、「温泉マニア」と呼ばれる人たちの間では、全国的によく知られた温泉公衆浴場の一つで、垂水界隈の温泉めぐりをするとき、彼らが立ち寄り先として選択することも多い。

朝一番に入ろうと7:30過ぎに行ったら、掃除中の札が出ている。営業時間が変更になり、開くのが1時間遅くなっていた。

【2009年9月26日】
南九州お遊び会オフ会で、皆で、わいわいがやがや賑やかに訪問させてもらった。変わらぬ良い湯が出迎えてくれて、ほっとする。懐かしさを覚えるレトロな浴舎は、不思議と落ち着く。

【2010年3月11日追記】
ご両親が亡くなられ、1974年生まれの息子さんは、家業を継ぐことを悩んでおられたようだが、その決意を固め、2010年1月、関東から鹿児島に帰郷された。家族経営の小さな温泉の場合、深刻な後継者問題を抱える場合も多く、余儀なく廃業というところも少なくない中、半世紀もの間、人々を癒し続けてきた温泉の伝統の灯が守られることを、江之島温泉の一ファンとして、私も心から嬉しく思う。情報化が進み、インターネットを使えば、買い物でも何でも誰とも顔を合わせず済ませられる時代を迎えているが、その便利さは、反面、人間疎外の危険性を孕む。「孤独死」という言葉も、頻繁に目にする現代社会。だからこそ、今後いっそう進む高齢化社会において、地域の人たちが気軽に集まれる場、顔の見える相手と挨拶や言葉を交わし、裸と裸の付き合いができる温泉は、地域コミュニティーという面においても、重要性を増すように思う。温泉経営には多くのご苦労を伴うと思うが、ご両親が遺された貴重な温泉を活かし、若い力で頑張っていただきたいと応援している。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


場所は、初めてだと、わかりづらい。この先に温泉なんてあるの?と思いたくなるような細い路地を進んだ先に、「江之島温泉」の文字を見つけると、おお、あった、あった、と、喜びたくなる。

海岸側(東側)には、7台分の駐車場が用意してある。
海潟温泉橋の
横の道から入る
2009.9.26撮影
南側からのアクセス路地
車は通れない
この細い路地を抜けた先に…
江之島温泉
2005.4.10撮影
2009.9.26撮影 2009.9.26撮影 2009.9.26撮影
人懐こいニャンコがお出迎え
2009.9.26撮影
もう一匹、こちらでも!
「営業中」の札が出ている
左が男湯、右が女湯
12月24日より
営業時間変更とのこと
2009.9.26撮影
ご自宅の建屋の前を通り
東側の海岸に抜けると…
こちらが泉源かな 海岸沿いの駐車場側から
写真左は、ご自宅の建物
駐車場には
わかりやすい看板がある
江之島温泉は、50年の歴史を持つそうだ。浴舎は昭和初期の建物だそうで、年季が入っている。この情緒は継続してほしいなぁ。ちなみに、自宅の方の建物は、築70年とのこと。番台は無人なので、小銭(200円)の用意をすべし。

東側の海岸に出ると、目の前に錦江湾が悠然と広がる。噴煙を上げる桜島を眺めながら、湯上がりに涼んでみるのも、気持ちいい。
鹿児島湾(錦江湾)が
目の前に広がる
堤防から望む桜島


男 湯


タイル張りの長方形の浴槽は、2つに仕切られている。


湯口のある上湯の方は、入るのに気合が必要なほど、アチチ湯。下湯の浴槽の方は、上湯に比べると少し温度が低いというものの、こちらもかなり熱めだ。熱いお湯が好きな私は、ニンマリするのだが、長湯は到底できない。

使われているお湯は、1号泉、2号泉の2本の源泉の混合泉らしいが、ほんわか玉子臭が漂い、肌触りツルツルする。やわらかな浴感。

湯口から惜しみなく大量にドバドバ掛け流される源泉を見ているのは、爽快でもある。

なお、浴室のつくりは、男女対称で同じ。

脱衣場
床は檜張りとのこと
浴室から脱衣場の方を見る
浴室の様子 シンプルな浴槽
湯口付近
源泉がドバドバ投入される
2009.9.26撮影 2009.9.26撮影 寝枕が用意
されているのは、鹿児島らしいね
2009.9.26撮影 オフ会にて
全員で、はい、ポーズ!


女 湯


(2009.9.26)
脱衣場が少し変わったような気がするな、と思いながら、2005年と2009年の写真を見比べてみると、古い木製ロッカーやアンマ椅子が取り払われ、すだれの目隠しになっているね。

夕方の訪問で、女湯は、地元の常連さん達が入浴中。
玄関から中の様子を伺う 番台はあるが、無人だった 2009.9.26撮影
レトロな木製ロッカー 脱衣場の壁に、平成14年の
新しい温泉分析書が張ってある
浴室入り口
引き戸の上に古い成分表
2009.9.26撮影 2009.9.26撮影 2009.9.26撮影 2009.9.26撮影
浴室の様子 浴槽 浴室から脱衣場の方を見る 洗い場は、カランのみ



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県  2005年04月一覧 2009年09月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved