基山ラジウム温泉

基本データ
URL 基山町商工会 より 基山ラジウム温泉
住所 佐賀県三養基郡基山町小倉207
電話番号 0942-92-2102
営業時間 9:00〜20:00
定休日 毎週月曜日
入浴料 300円(1時間以内)
泉質 放射能泉
温泉分析書等 基山ラヂウム温泉
湧出地:佐賀県三養基郡基山町大字小倉207番地
湧出量:毎分12リットル 泉温:16.8℃ pH6.5
ラドン含有量 9.431マッヘ(S30.12.19測定)
性状:(湧出地)微黄褐色・微混濁 無味無臭
(試験室)無色澄明・無味無臭 (S30.11)
訪問日 2005.4.14

基山に温泉があることは知っていたが、近くに住んでいる割に なかなか訪ねる機会が無く、初訪問。実は山の中の寂れた汚い温泉だろうかと勝手に想像していたら、さにあらず。お寺に湧く こぢんまりした きれいな温泉であった。脱衣場には、その有り難い由来のパネルが張ってある。

浴室奥の明るい窓側は坪庭になっていて、観葉植物が置いてあり、ちょっとしたジャングル風呂。お寺の温泉らしく、弘法大師の像が立っている。湯船は、16.8℃の源泉をそのまま引いた水風呂と、沸かした浴槽の2つ。水風呂は大人が2人も入れば いっぱいの狭いものだが、とても気持ちよい。湯口には飲泉コップが置いてある。無色透明のきれいな水である。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


駐車場と建物外観 道路から
写真奥の建物は法泉寺
基峰山 法泉寺 お寺の横には、水掛け場
受付と食事処のある建物
こちらに玄関がある
玄関の下駄箱で
福助人形に迎えられる
受付
廊下の奥は、食事処 清楓
左奥の温泉の建物へと進む
休憩ロビー 浴室入り口
奥が男湯、手前が女湯


男 湯


脱衣場 脱衣場に掲示されているパネル
「基山ラジウム温泉の由来」
昭和31年の温泉分析書
“基山ラヂウム温泉”
浴槽から、出入り口と
洗い場と方向を見たところ
入って左が沸かし湯
右に源泉である水風呂
沸かし湯の浴槽 男女の仕切り壁の窓際には
弘法大師の像が立っている
冷鉱泉の源泉浴槽
ステンドグラスも きれい


女 湯


入浴者は女湯は1〜2人といったところだったが、男湯の方は、随分多かったようだ。

おそらく近所の人の利用が多いのだろう。なにしろ300円だしねぇ。
脱衣場と洗面所 脱衣棚
入って右が沸かし湯
左が源泉浴槽の水風呂
沸かし湯の浴槽 洗い場 壁には、白いカモメが
飛んでいる陶板画
冷鉱泉の源泉浴槽 壁には赤いオブジェ?
観葉植物のポトスが飾ってある
窓際の弘法大師を
女湯側から見たところ



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved