湯坪温泉 なるほど

基本データ
URL
住所 大分県玖珠郡九重町湯坪
電話番号 0973-79-2039
営業時間 5:00〜23:30
定休日
入浴料 300円 (家族湯としての利用も可)
泉質 単純温泉(中性 低張性 高温泉)
温泉分析書等 源泉名:湯坪引湯組合
湧出地 九重町大字湯坪字横尾411番地
泉温:72.3℃ 湧出量: 測定せず(噴気吹き込み 掘削500m)
微弱黄色・微弱混濁・ほとんど無味 無臭 pH6.6
ラドン(Rn):測定せず 成分総計:0.099g/kg
(調査及び試験年月日 H9.5.15)
備考 現在、閉鎖されているようです
訪問日 2005.4.16

湯坪温泉のメイン通り沿いの、無人温泉。入り口看板には「なるほど 甲斐建築」湯坪温泉パンフレットには「なるほどの湯」と紹介してある。

湯坪温泉には、「ひまつぶしの湯」に「ふだんぎの湯」「やすらぎの湯」など、面白い名前の立ち寄り湯が多い。こちらの「なるほど」というネーミングも、何が“なるほど”なんだか、私には、どうも よくわからない。入ってみれば、お湯になるほどと納得するということか?

くじゅう方面へ行くとき、夜2、3度寄ってみたのだが、なぜか鎖で施錠され、閉まっていて入れなかった。やっと入湯できた。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


男女別に打たせ湯のついた露天風呂が1つずつ。

無色透明のお湯に特に特徴があるわけではないが、気軽に立ち寄れる雰囲気が良い。
こぢんまりした萱葺き屋根の温泉 入り口付近


男 湯


男女とも、湯船が ややヌルヌルしていた。

これは温泉成分とも思えず、どうやら、しばらく掃除されてないらしい。
1筋の打たせ湯が落ちている 岩風呂の湯船 湯船からの眺め
ちょうど桜がきれいだった


女 湯


入り口と脱衣場
脱以籠は、文字通り籠
棚にガラス瓶が置いてあり
そこに各自で300円入れる
脱衣場から見たところ
打たせ湯が1筋
湯船は、岩風呂
すぐ横は玖珠川
その向こうの道からは丸見え
別の角度から より取りみどりのシャンプー類 かや葺きの屋根

なんとも開放的な温泉で、川の向こうの畦道や民家からは、脱衣場は丸見え。脱衣場で服を脱いでいたら、川向こうでツクシ摘みしながら散歩中の三人組と目が合った。その方々、しばらく後に「ここで温泉に入れるんですか。ほー、こりゃぁいい。」と中を覗いて、そのまま行ってしまった。




2006年7月30日


湯坪温泉を通ったときに見てみたら、草ボーボーで荒れ放題、入り口は鎖で施錠。使われなくなって久しい様子であった…。



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved