原鶴温泉 菊龍館

基本データ
URL 福岡県 原鶴温泉 菊龍館
住所 福岡県朝倉市杷木志波大字原鶴43-1
電話番号 0946-63-3939
営業時間 10:00〜17:00
定休日
入浴料 大人500円
泉質 (公式ホームページより転載)
単純イオンアルカリ泉質(緩和性、低張性高温泉)
温泉分析書等
訪問日 2005.4.20

雑誌「温泉博士」4月号の無料手形を利用して、入りに行く。

フロントは無人で、呼んでも誰も出てこない。奥の厨房の方へ向かって、大声で「ごめんくださーーーい!」と叫ぶと、オバサンが出てきた。

「すみません、今、お風呂に入らせていただくことできますか?」と尋ねると「電話されましたか?」え?「雑誌で来るときには、電話するように書いてあるでしょ?」確かに温泉手形利用方法として、頭の注意事項の中に「お電話でご確認の上お出かけ下さい。」となっている。しかし必ず事前の問い合わせが必要な場合は、それぞれの施設の欄にその旨書いてある。温泉博士の手形は何年も利用しているが、断られて元々の場合は電話なんてしたことはない。

「今日はお客さんがとても多いんです。」そうでしたか、それは失礼しました。又の機会がありましたら、必ず電話します。「もう雑誌に載せることはないでしょうね。今日は特別に入れてあげます。」

なんだか知らないが、フロントで怒られ、頭さげての不愉快な入浴となった。どうやら手形利用のタダ風呂の客が相当多く、宿側としても鬱憤がたまっているらしい。そりゃこちらはタダで入れてもらう立場だから何も言えないが、気持ちよく断ってくれるところもある。この辺の応対で、その宿のレベルがわかる気がする。タダとはいえ相手は客。私は、再び菊龍館に行くことはないだろうね。

しかし何の集まりだったのだろうか。大勢のジーチャン、バーチャンが食事つき入浴を楽しんでおられた。ロビーでは海産物や乾物などの販売もされていた。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


門から見た建物 玄関付近 湯めぐり帳を利用の場合
チケット2枚
活けてある八重桜が
きれいだった
ロビーとフロント 大浴場へは、こちらから 錦絵が飾ってある通路 「循環湯ではありません」の朱書き


男 湯


浴室出入り口と
シャワー方向を見る
円周16mの八角形の湯船 「庭園風呂」
窓越しに外の庭園が眺められる
湯口付近
露天風呂は無く、内湯が1つだけだが、八角形の湯船は 結構な広さがある。湯船につかりながら、広いガラス戸の窓越しに外の庭園が眺められるようになっている。掛け流される湯はやわらかいが、ヌルツル感は、まったく無し。
しかし、湯はともかく、天井は…古い建物のようだから致し方ないのだろうが、見ない方がいいかも。 また、客の数に対して仲居さんの手が足りていないのか、男湯は脱衣場なども乱雑に散らかっている印象を受けた。客が多いのだから、従業員が定期的に点検に入ってもらいたい。
洗い場の方を見る


女 湯


脱衣場 脱衣場と浴室出入り口 入り口方向を見る こちらも円周16mの
八角形の浴槽
庭園が眺められる「庭園風呂」 庭園 洗い場とシャワー 天井なのだが、う〜ん…



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved