大谷温泉 かじか荘

基本データ
URL 大谷温泉かじか荘
住所 島根県益田市大谷町985-1
電話番号 0856-23-2300
営業時間 8:00〜20:00
定休日 無休
入浴料 大人(中学生以上)400円、小人200円
泉質 鉄・アルミニウム・カルシウム−硫酸塩冷鉱泉
温泉分析書等 温泉名:大谷温泉 泉温:源泉12℃ 使用位置15℃
成分総計:902.3mg/kg (分析年月日 S55.5.10)
訪問日 2005.4.28

“山峡の秘湯”となっているから、もっと山奥に入り込むのかと思っていたら、益田市中心部から車で15分ほど、意外と すんなりたどり着いた。周囲は山、とても静かな環境にある一軒宿だ。

女湯で同浴になった2人組のオバチャンとおしゃべりしていて、福岡から来たと言うと、「インターネットを見て来たの?」と尋ねられた。大浴場の湯は、やや熱めで無色透明無味無臭。このお湯を、ことさら取り上げて推薦することがあるのだろうかと怪訝に思っていたら、おばちゃんが奥の浴場にも入っていけ、と教えてくれた。なんでもネット上のクチコミでは、奥の小浴場・治療湯が誉めてあるそうだ。なるほど。下調べ不足で、あやうく肝心のお湯に入りそこなうところであった。たまたま一緒になったおばちゃん達に感謝。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


美しい新緑を眺めつつ、柿木村
から高津川沿いに、益田まで
益田市内にて ここから
大谷温泉まで車で15分程
島根県は、石州瓦の
赤い屋根が印象的
一軒宿のかじか荘 外観 玄関付近 玄関を入ったところ 玄関と受付付近



大浴場

 
男女別に別れた大浴場は、まだとても新しくてきれい。常連のおばちゃん2人の話によれば、昨年改装してきれいになったばかりだとか。

こちらのお湯は無色透明無味無臭。
大浴場入り口
写真手前が男湯、奥が女湯
「大浴場」


  大浴場 / 男湯


脱衣場 脱衣場から見た浴室 浴槽
男女の境の壁は石積み
洗い場


  大浴場 / 女湯


入り口と洗面所 脱衣場 浴室 壁面の湯口からは
お湯と共に小さな泡が
常連のおばちゃん2人「今日はお湯がきれいね。」 こちらのお湯は、確かに とても澄んでいた。

すぐ横を流れる川のせせらぎの音だけが響く、静かな、静かなお風呂。
窓の外は、池と石垣 池には鯉が泳いでいた 洗い場



小浴場


すべての浴場は、この通路で
つながる。ツバメの巣が沢山。
小浴場入り口
写真手前が男湯 奥が女湯
「小浴場」 男湯 浴槽
2人も入ればいっぱいの大きさ
男湯
薄い黄褐色のお湯だ
女湯 脱衣場 女湯 湯船 湯口は湯面下にあり
ブツブツ泡と共に湯が出てくる



治療湯


こちらは、重症用の治療湯になるそうで、なんでも一番濃いお湯だとか。

鉄分の匂いや味などは感じなかった。
一番奥にある「治療湯」 1人サイズの浴槽 黄褐色の湯
ブツブツ泡と共に湯が出てくる



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  島根県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved