有福温泉の町並み

基本データ
URL 江津市観光協会 より 美人・美肌の湯 有福温泉
住所 島根県江津市有福温泉町
訪問日 2005.4.28

今からおよそ1,350年前(白雉年間、650年頃)、天竺から入朝した行脚僧・法道仙人によって発見されたと伝えられる有福温泉は、「古来より名湯が沸く、福ありの里」というところから その地名が付いたそうだ。詳しい由来は、御前湯にパネルが掲示してある。

三方を山に囲まれ、旅館は斜面に雛壇状に並び、細い石段の道が入り込み、群馬県の伊香保温泉に似ているところから“山陰の伊香保”とも呼ばれているとのこと。

鄙びた温泉街には「御前湯」「さつき湯」「やよい湯」という3つの共同浴場が点在しており、これらの外湯めぐりを楽しんだ。狭い温泉街なので、楽に歩いて回れる。

実は これら3ヵ所の共同浴場、昨年から今年にかけて基準を上回るレジオネラ属菌が検出されたため、「やよい湯」は2004年12月22日〜2005年3月17日、「御前湯」「さつき湯」は2005年2月24日〜2005年4月15日の間、営業休止されている。対策が施され、3つとも再開されたのが、ほんの2週間前。今回、全部に入れて、よかった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


看板にも、赤い石州瓦の屋根が 無料駐車場のところに
温泉街の案内板
「有福温泉めぐり地図」 さつき湯の前にて
三階旅館の前にて 旅館は、斜面に
雛壇状に建ち並ぶ
御前湯を見上げる 御前湯(写真右)横の
石段をのぼると薬師堂
御前湯の裏にある薬師堂 細い石段の坂道が多い やよい湯の前にて
右の細い路地を進むと御前湯



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  島根県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved