皆生温泉  おーゆ・ランド(OU LAND)

基本データ
URL OU LAND/HOTEL おーゆ・ランド
住所 鳥取県米子市皆生温泉1-18-1
電話番号 0859-31-2666
営業時間 10:00〜23:00(受付最終22:30)
定休日 無休
毎月第3月曜日は正午より営業(祝祭日の場合は翌日)
入浴料 大人350円  小学生120円  小人(0才〜)60円
泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(高張性中性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:皆生温泉中央温泉貯湯槽 6号、8号、10号、18号、30号
泉温:64.2℃ 成分総計:12.234g/kg (分析年月日 H12.1.6)
備考 毎週(月曜日)男湯/女湯入替え
訪問日 2005.4.30

15年ほど前の学生時代、米子からバスに乗って訪ね、皆生温泉浴場という公衆浴場に入ったことがある。今回もそこに立ち寄ろうと記憶にある辺りに行ってみるが、わからない。あれ?

バスターミナルにいたお兄さんに公衆浴場を尋ねると、記憶と全然違う方向にある青いどでかい建物を指差して、あれだと言う。え?なんでも昔の公衆浴場は、今はその建物になっているという説明。「でも、値段は変わってないんですよ。」

2000年7月にオープンしたという公衆浴場は、ホテル併設の大規模なもので、ただ驚くばかり。200台収容という駐車場は ほぼ満車で、ガードマンも立っている盛況ぶり。夕方でもあり、引っ切りなしにお客さんが入ってくる。幼児を連れた親御さんの姿も、とても多い。

浴室は、主浴槽がO型をした「おー風呂」、U型をした「ゆー風呂」にわかれており、男女一週間交替とのこと。浴槽の種類も豊富な浴室のつくりは、完璧スーパー銭湯。しかし、考えてみれば、これだけ立派なものを310円で利用できると考えると、安いものだ。ただし、湯口で味をみてみるが、高張性の食塩泉のお湯のしょっぱさは、塩素殺菌で死んでしまっている。

玄関を入ったところに飲泉所があったが、紙コップ代が10円必要。あほらしくて飲まなかった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


外観 背後の高い
建物は「おーゆ・ホテル」
ホテル&お風呂 玄関
左へ進めば温泉、右はホテル
OU LAND それぞれの浴室の
主浴槽がO型とU型をしている
受付カウンターと浴室入り口
このようなチラシも置いてあり、温泉システムの説明が詳しい。それによると、駐車場にある28号源泉が
使われていると書いてあるが、脱衣場に掲示してある分析書には、なぜか28号は見当たらなかった。


おー風呂 (この日は、男湯)


中央の主浴槽がO型をした「おー風呂」 もう一方の浴室はU字型で「ゆー風呂」だそうだ。バイブラバス、
ジェットバス、ジェット寝湯、テーマ風呂、サウナ(遠赤外線+ミスト)、水風呂と至れり尽くせり…。
露天風呂



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鳥取県  2005年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved