山鹿温泉  旅館 末廣

基本データ
URL 山鹿温泉観光協会ホームページ より 旅館末広
住所 熊本県熊本県山鹿市大字山鹿1549
電話番号 0968-44-2221
営業時間 6:30〜10:00 15:00〜24:00
定休日 元旦
入浴料 150円
泉質 アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 温泉)
温泉分析書等 源泉名:山鹿温泉 湧出地:山鹿市山鹿1549
泉温:35.4℃ pH9.31 掘削井 掘さく深度206m
湧出量:359g/min(動力 5.5HP) 無色透明 無臭 無味
ラドン含有量 6.60×10-10Ci/kg(ラドン濃度1.82M・E/kg)
総成分量:198.1mg/kg(平成15年)
訪問日 2005.5.21

末広旅館に併設の温泉だが、公衆浴場として利用されている。

掲示によると「泉温が下がる期間、加温」されている。浴槽は2槽あり、小さい方が適温に加温された湯で、もう一方の広い方が、ぬるい。交互につかると、すこぶる気持ちよい。ここも夏にゆっくり長湯すると心地よいだろう。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


旅館全景 こちらは、旅館の玄関 レトロな温泉入り口 熊本県温泉協会の掲示


男 湯


脱衣場 奥から 脱衣棚の向こうはガラスで
浴室内が見下ろせる
階段で半地下におりる格好 浴室内から洗い場と
脱衣場の方を見る

かなりの湯量が掛け流されており、大理石の縁を洗って洗い場にオーバーフローしていく。

私の中では山鹿温泉のお湯はヌルヌルするイメージがあるが、こちらのお湯は、全然ヌルヌルしなかった。
広い方はぬるく、狭い方は適温
浴槽の縁は白大理石
湯口のライオン


女 湯


玄関を入ると
これまたレトロな番台
下駄箱
一体何人分の靴???
下駄箱の上に活けられた
カーネーションが綺麗だった
細長い脱衣場 脱衣場から
ガラス越しに浴室内が見える

女湯は、15人程で大混雑。写真など撮れるはずもない。

ちょうど夕方の訪問だったのだが、常連さん「えー?今日はまた、なんで、こんなに多いのかね?また後で来るわ。」と玄関先で引き返された。
脱衣場から見た浴室内
階段で判地下に おりる
入り口の階段上から見た
洗い場と、ぬるい浴槽の方

洗い場のカランは、ハンドルを押すタイプの昔ながらのもの。 おばちゃん達がハブラシの柄をカランに差し込んでいるから何だろうと思えば、手で押さなくてもハンドルを固定してお湯を出しっぱなしに出来る工夫(?)らしい。 




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  熊本県  2005年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved