天ヶ瀬温泉 天ヶ瀬温泉館 シャレー水光園 かじかの湯

基本データ
URL 天ヶ瀬温泉館 シャレー水光園
住所 大分県日田郡天瀬町大字桜竹485
電話番号 0973-57-3140
営業時間 7:00〜10:00、11:00〜17:00 (月)(金)12:00〜22:00
定休日
入浴料 かじかの湯(混浴) 500円 ※内湯は別途1000円
備考
訪問日 2005.6.1

雑誌『自遊人』2005年冬号についている無料パスポートを利用。内湯は掃除中とのことで、有無を言わせず(言わせてもらえず?)、河原の露天風呂への入浴。

雑誌記事によると、源泉は200mほど上流の“地獄”、地表からわずか20cmほど下からボコボコ湧いている成分濃厚な湯だそうだ。pH7.5の単純硫黄泉とのこと。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。



上流側、天ヶ瀬橋から見た
ホテル全景
下流側から見たホテル全景
建物はスイス風造り
ホテルの温泉なので、フロントで きちんとお金を払ってから入浴すべし
ホテルの玄関 ホテル フロント
こちらで受付してもらう
ホテル内からは
このドアから「かじかの湯」へ
写真中央の階段を
下りて、河原へ


かじかの湯


簡素ながら ちゃんと脱衣場があるので、脱ぎ着がしやすい。
脱衣場 脱以籠の代わりに網が張ってある ペットボトル再利用の
ランプシェード(?)
脱衣場から、このスダレをくぐり
露天風呂へ
脱衣場の方から見たところ
奥に写っているのは古湯
天ヶ瀬橋から見下ろした
かじかの湯 全景
かじかの湯 全景
湯船は2つに仕切られており、脱衣場側が熱め、その奥の広めの方は ぬるめとなっていた。湯には、消しゴムカスのような白い湯の華が、大量に舞っている。

それにしても、何ともいやはや、たいそうな開放感。視線は川面に近く、絶景なり。 言い方を換えると、人が多いときは、女性には かなり厳しいロケーション。女性用には、露天付き内湯もあるそうだ。
もう少し近づくと…
左側が熱め、右側がぬるめ
浴槽から見上げた
天ヶ瀬橋



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved