奥宝泉寺温泉 せせらぎの湯

基本データ
URL
住所 大分県玖珠郡九重町菅原1440
電話番号 0973-78-8816
営業時間 8:00〜21:00
定休日 無休
入浴料 大人300円 小人(1歳〜小学生)150円
泉質 単純温泉(中性低張性高温泉) 旧称 単純温泉
温泉分析書等 源泉名:普通公衆浴場 せせらぎの湯(混合泉)
湧出地:九重町大字菅原字詰ノ平、字川底1550-6
先川敷他(4ヶ所)
泉温:50.5℃  湧出量:測定せず(動力 掘削0m)
 無色、澄明、無味、無臭 pH6.9 ラドン(Rn)測定せず
成分総計:0.609g/kg(平成8年)   ※源泉が高温のため加水
備考 石鹸、ドライヤー有
訪問日 2005.6.1

4つの泉源を持つ湯量豊富な掛け流し温泉。
日帰り入浴専門施設で、宿泊はできない。
川底温泉のすぐ近く。

国道387号線を通るたび、今まで何度も前を素通りしていたのだが、初めての立ち寄りとなった。

男女別浴場の他に、8つの貸切風呂があるそうだ。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


外には うるさいほど派手に看板が出されていて、いささか引いてしまうのが正直なところ。

しかし、民芸調の建物に入ってみると、実は なかなか良い雰囲気で、お風呂のつくりも気に入るものだった。 300円でこのレベル、評価点、高し。
国道387号線に出ている
せせらぎの湯 看板
全景 左の三角屋根が
男女別内風呂の浴舎
道路挟んで川側には
足湯が設けてある
なぜかパンダに迎えられる 「ふろや」の門をくぐって
少しばかり坂をのぼる
玄関と受付 建物は
民芸調にまとめられている
玄関から奥を見る 受付棟は土間になっている 奥には冷たい岩清水
ラムネが冷やしてあった
お土産品コーナー 待合処の奥の屋外には
天然温泉の飲泉場
奥の階段をのぼると家族風呂 男女別浴場入口
浴室は一週間ごとに入替え


男湯(向かって右の浴室)


脱衣場 浴室入り口方向を見る 入口付近から見た
内風呂の浴槽
浴室奥から見た
内風呂の浴槽
内風呂から露天への出入口 露天への出口のガラス戸 露天は岩風呂1つ
打たせ湯が2筋
露天風呂の奥から
無色透明なお湯は癖が無くて やわらかく、さっぱりする。湯口で、ほんのり鉱物臭。

内風呂の床には、まだ真新しい木の板が使われていて、気持ちよかった。

露天の奥の庭園が とても美しいのが印象に残った。
飲用可と書かれた
露天風呂の湯口
露天奥の庭園から
写真左が男湯、右が女湯


女湯(向かって左の浴室)


脱衣場 浴室入り口方向を見る 内風呂の様子 内風呂の浴槽
内風呂 湯口
“4つの泉源から湧き出るお湯”
洗い場 天井は高く
立派な梁は風格を感じる
内風呂から露天への
出入り口方向を見る
こちらの浴室の露天には
手前に檜風呂がある
奥に、岩風呂の露天風呂
打たせ湯は、1筋
露天奥の庭が大変きれい 奥から見た露天風呂



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved