二日市温泉 大丸別荘 《館内編》


食事編    ■大浴場へのアプローチ    ■大浴場「次田の湯」編    ■日本庭園編



基本データ
URL 大丸別荘 二日市温泉【公式Webサイト】
住所 福岡県筑紫野市湯町1丁目20-1
電話番号 092-924-3939
日帰り会席 昼(11:00〜16:00の間の4時間)
平日:5,775円〜 土日祝日:9,240円〜
夜(16:00〜22:00の間の4時間)
平日・土日祝日共に 9,240円〜
浴衣、グッズ付きの部屋希望の場合は、別途一人2,310円
備考 立ち寄りのみ不可
訪問日 2005.6.23 / 2006.6.22 写真追加・差しかえ

慶応元年(1865年)創業の老舗の純日本旅館。天拝山を借景に、6千坪の敷地に、大正亭、昭和亭、平安亭の和風宿泊棟が建ち並ぶ。

ここは温泉のみの立ち寄りは不可。 福岡都市圏の都市型温泉であり、福岡にいると、種々会合や忘年会、お接待、はたまたお見合いなどでも よく使われる高級旅館なのだが、私は今まで入る機会がなく、指をくわえて話を聞くばかりであった。

6月は私の誕生日で、その記念に、お昼の食事つき休憩(4時間6,000円)をプレゼントしてもらうことになった。一歩踏み入れば、木々が茂る静かな心地よい空間が広がり、そこは私の知る二日市温泉とは異なる別天地。 あまりに嬉しくて、わずか4時間の間に、一体何百枚の写真を撮ったのだろう、我ながら呆れてしまう。 お湯よし食事よし、過ぎてみれば4時間は短く、もっと ゆっくりしたいものだと思った。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


敷地は、幹線道路である
県道31号線に面している
正門 「大丸別荘」の看板は
数年前に新しくなった
門柱には、よく見れば彫刻
棟方志功の仏画だろうか
正門を入ると駐車場
正面玄関が見えている


フロント&ロビー


車が到着すると従業員さんが
駐車場まで迎えに来られる
正面玄関とフロント フロントは2階になる形
重厚な「大丸別荘」の額が掛かる
6月らしく紫陽花
女性の従業員さんは、皆、和服姿。

さすがに、どなたも対応が気持ち良く、老舗であることを感じる。
フロント前の腰掛け 隅にはタヌキさん 落ち着いた雰囲気のロビー


館内の様子


館内案内図 昭和亭、平安亭、
大正亭の建物が庭園を取り囲む
大勢の著名人の色紙が、屏風に仕立ててある 昭和24年 昭和天皇が宿泊の際
使用した品などが展示してある
昭和亭2階の廊下 日帰り会席専用の個室が並ぶ 部屋番号の表示は竹 廊下の間接照明の優しい明かり

会席用のお部屋にはトイレは無いので、こちらが共用となる。
お手洗い入り口には
お雛様の土人形
お手洗いにある銅鐸オブジェ お手洗い内の休憩用の腰掛け
日帰り専用の休憩個室が設けられていることにより、宿泊客も日帰り客も、互いに気を使う必要なく過ごせる。

日帰り休憩でも、追加料金を払えば、宿泊者用のお部屋を利用でき、こちらには浴衣などの用意もあるそうだ。


会席場個室


ガラス戸を開くと
広い上がり口になっている
お部屋入り口 入り口の活け花 入り口天井
お部屋の様子
掘りゴタツで脚がのばせる
床の間の方を見る 部屋の隅に置かれた屏風と
木枠の窓 装飾が粋
照明
床の間の置物と活け花 窓辺に置かれた香炉 到着すると、白磁の湯のみにお茶を入れてくださった
広めの縁側 窓には御簾が垂らされている 縁側の外には樹木が生い茂り、深い緑に目が休まる


食事編    ■大浴場へのアプローチ    ■大浴場「次田の湯」編    ■日本庭園編


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2005年06月一覧  2006年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved