二日市温泉 大丸別荘 《食事編》


写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。



2005年6月23日 六月の会席料理


最初に部屋に通されたとき、食事は何時からにするのか尋ねられるので、希望を伝える。

昭和天皇が、異例にも「鯛の潮汁(うしおじる)」をお代わりされたという逸話の残る大丸別荘のお料理。 その伝統が、今も しっかり継承されているのだろうか、味はしっかりしているのだが、薄味が好みの私も美味しくいただける上品な味付けで、満足だった。 ゆっくりいただくと、結構お腹いっぱいになる量である。
白磁・青磁の器に盛られた季節感あふれる料理は、見た目にも涼やかで、梅雨の暑気払いにも最適。


献立は、事前に「絵図」がテーブルに置かれていた。手書きの絵が添えており、わかりやすい。

料理は一品一品 部屋に運ばれるので、ゆっくり時間をかけて頂くことができる。
ジュン菜、鮎テリーヌ、みょうが、ハモ寿司、レンコン、ビワとビワの種、白酢、タコ柔煮、ホタテのくんせい、イチジク生ハム揚、白瓜、ハモうき袋の煮こごり
料理は盆の上に並べられる
食前酒の梅酒も、美味なり
その1

お刺身

ハモ真蒸、たたき車エビ、
モロヘイヤ
鯛の焼き魚
醤油は使わず、薬味で頂く

アゲマキの冷茶碗蒸し
上には、南関そうめんが載っている
その2
刺身は氷の器に盛られている
その3

冷や汁

ご飯物は、じゃこ飯か冷や汁か、どちらか好きな方を選べる

デザート
氷白玉、サツマイモ豆腐

黒蜜をかけて頂く
その4 その5 デザート


2006年6月22日 六月の会席料理


遠来の大事な客人あり。

温泉が大変お好きな方なので、せっかく福岡県に来られたのならと、お昼の会席の時間に大丸別荘を予約して、ご一緒させてもらった。
献立の絵図 お飲み物一覧
柿の葉寿司
シャコのカステラ巻
鴨ロースフキみそ巻
丸十の密煮
タコの柔煮
骨せんべいと沢ガニ
白酢ゴマあえ
サザエのカラスミまぶし
食前酒の梅酒 冷茶わんむし
旨だしジュレ、天盛オカヒジキ
刺身 ハモのくず打、しめじ、じゅんさい、ハモ浮袋 コーンドーフ、オクラ、インゲン、
小イモの鳥ソボロアンかけ
スズキの塩焼 もずくとサザエ肝
山イモの酢の物
じゃこ飯 デザート


館内編    ■大浴場へのアプローチ    ■大浴場「次田の湯」編    ■日本庭園編


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2005年06月一覧  2006年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved