三船温泉 民宿 城山

基本データ
URL CityDO!より 民宿 城山
住所 大分県竹田市久住町仏原1066-2
電話番号 0974-77-2818
営業時間 6:00〜22:00
定休日 不定休(毎月2日間、だいたい20日前後)
入浴料 大人300円
泉質 (温泉分析書の掲示、まだ無し)
温泉分析書等 (温泉分析書の掲示、まだ無し)
備考 新施設は、まだ正式な営業許可が下りていないとのことで、従前どおり100円で入浴させてもらった
訪問日 2005.8.3

2005年7月、リニューアルオープン。昔の浴舎から少し離れた場所に湯小屋が新築され、移転。駐車場も広々。さっそく行ってみた。

浴室に入ると、「ゴボッ、ゴボッ」という三船温泉で聞きなれた懐かしい音。え? その仕組みは最下段の湯口の欄をご覧いただくとして、これは、何か嬉しい演出(?)だ。 お湯は掛け流しで、浴槽は早くも析出に覆われている。湯の良さが守られていることに、何より安心した。 帰りに女将さんと会ったので「お湯が昔のままなので、嬉しいです。」と挨拶すると、ニコッと笑ってくださった。

こぢんまりとした新しい温泉は、内風呂と露天風呂が一つずつ。 湯量と客の数にあわせて、背伸びをしない設計をしたら、こうなりました、という感じで、とても好感が持てた。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


新築された浴舎
写真右奥は、昔の浴舎
玄関には、花輪 まだ真新しい看板 玄関入ったところ
入って右(写真奥)が番台


男 湯

玄関あがって向かって
左が男湯、その入り口
脱衣棚 浴室入り口と洗い場 浴室入り口付近から見た
内風呂と露天風呂
内風呂の天井を見上げる
木造で、清々しい
内風呂 内湯湯口 男女の境の
仕切り壁の下に枡がある
浴槽は、早くも黄褐色の
析出でコーティング
お湯の温度は、夏場には、少々熱めだった。
浴槽は既に析出で覆われている。この調子でいくと、昔の浴舎の湯船のコテコテの析出に近づく日も、近いかも?
内風呂と露天の間には
窓がとられている
露天風呂 露天にて 飲泉所だろうか


女 湯


脱衣場 床には木のスノコが
敷いてあって、気持ちがいい
浴室入り口方向 洗い場 内湯
天井を見上げたところ
内風呂 浴槽の湯につかる部分は、早くも黄褐色の析出で
コーティングされ、すっかり変色している
内風呂から露天風呂へ
屋根付きの露天風呂
内湯との間には窓がある
露天風呂 浴槽 露天風呂も、析出で
覆われている
露天から見た浴舎の屋根

お湯の色は澄明。
しばらく入浴者がいなかったようで、湯船の底には黄褐色の沈殿。足でかき混ぜると、湯の中にモワっと舞い上がった。
露天エリアも広くはないが、
岩を配した庭が、きれいに造られてる
露天にて 飲泉所か?
もちろん掛け流し。お湯が昔のままで、正直ほっとした。しかし、湯の匂いは、薄くなったかな。

湯口が面白かった。

男女内湯の境の仕切り壁の下、露天側の隅に、枡が1つあり、そこにゴボッ、ゴボッという音と共に新しい湯が注ぎこまれる。 以前の浴舎と同じく、エアーリフトで揚湯しているのだろうか?
左は内湯湯口
右は露天湯口
内湯湯口 男女の境に
枡が一つあり、そこから分湯
枡の中を覗くと…
その枡に4つの孔があり、男湯 内湯・露天、女湯 内湯・露天へと湯が分配されている。


2005年7月9日 旧・御船温泉レポートは、こちら


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年08月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved