江戸東京そば 源 gen

基本データ
URL
住所 福岡県筑紫野市古賀695-2
電話番号 092-923-6923
営業時間 昼 11:30〜15:00、夜 18:00〜20:00
定休日 火曜日
備考 九州自動車道 筑紫野IC近く
訪問日 2005.12.2(371さんと) / 2006.5.25(神戸っこさんと) / 2006.12.11

(2005.12.2 訪問)
某巨大匿名掲示板・温泉板で知り合った371さんは、実は私の実家のすぐご近所にお住まいということが判明、12月はじめに彼女のご自宅の近所でお会いすることができた。ご主人は、なんと私の卒業した小学校の大先輩。全国区のインターネットを通して、こんな近所の方と出会うというのも、面白いものだ。

その371さんの地元でご案内いただいたのが、こちらの蕎麦屋さん“源”。大変おいしくて、大満足であった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


場所は、高速道路の筑紫野ICのすぐ近く。
周辺は住宅地で、ここも一見民家風。こぢんまりと静かな隠れ家的たたずまいである。
二日市温泉にも程近いので、あわせて訪問するのも、よいかもしれない。

お庭が美しく、訪問日は、まだ紅葉が残っていた。
「毎日庭の掃除が大変なんですよ。」と笑っておられた。
外に出された看板は
裏の駐車場の これだけ
玄関の前庭 アプローチ 玄関付近 日本庭園が美しい
玄関付近から見た店内の様子 窓辺を飾る小物たち アジアンテイストな天井の照明 窓から眺める庭が美しい
玄関で靴を脱いで上がるフローリングの店内は、なかなかお洒落な雰囲気で、若々しさを感じる。まだお若いご主人のセンスだろうか。

別に畳の座敷もある。
トイレの手洗い場 メニュー表 アルコール類

お昼だったのでアルコールは頼まなかったが、「大将の酒」が、気になる(笑)

ご近所さんであり、常連でもある371さんのところにご挨拶にみえたご主人は、まだお若いが、とても感じのよい素敵な方だった。応対してくださった女性は、奥さまだろうか、とびきりの別嬪さん。



水源(せいろそば・辛味大根おろしそば)


こちらで出されるのは、そば粉十割、つなぎ無し。玄そばの外皮を取り除いた丸実を、石臼により自家製粉しているそうで、そばの実の甘皮の色と香りを、そのままに楽しめる。

371さんによると、メニューは、どれもオススメということで迷ったが、私はセットの「水源」(せいろそば+辛味大根おろしそば)を注文してみた。
まずは、せいろ 続いて、おろし
大根は、はるばる信州から取り寄せた昔ながらの辛味のあるものとのこと。

つややかに光る色の白っぽい蕎麦は、歯ごたえも喉ごしも、GOOD!上品な味わいで、これは美味。371さんのご主人は蕎麦が大好きで、相当食べ歩いておられるそうだが、ここの蕎麦は、小国の蕎麦街道に負けない味とのご主人のお墨付きだそうだ。
ワサビは、自分で鮫皮でおろす


(2006.5.25訪問)
これまた某巨大掲示板で知り合った神戸出身の“神戸っこ”さんと一緒に二日市温泉を訪ねた折、昼食をこちらでいただいた。
到着は、ちょうどお昼時。広くはない店内は満席で、しばらく外の縁側で庭を眺めながら、席が空くのを待つ。 お客さんの中には、スーツ姿の男性ビジネスマンのグループも。お接待だろうか。

知る人ぞ知るといった奥まった場所にあるお店だが、やはり人気があるようだ。

12月には紅葉が美しかったお庭は、したたるような緑が溢れていた。


池ノ端(せいろそば・おくらしそそば)


今回は、「池ノ端」というセットを注文してみる。 
刻んだオクラと青じそがのせてあり、さっぱりしていて、暑くて食欲が無いときでも、これなら ツルツルッと喉を通りそうだ。


まずは、せいろそば 続いて、おくらしそそば



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2005年12月一覧  2006年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved