亀川ウォーク・正月三社詣コース(1)

基本データ
URL 別府八湯ウォーク
亀川ウォーク ブログ (亀カメ倶楽部)
開催日 毎月第1日曜日 10:00 JR亀川駅前集合
参加費 700円
問合せ先 亀カメ倶楽部事務局(藤井石油) TEL:0977-66-1297
備考 予約不要、当日荒天の場合は中止
地図 今回歩いたコースの地図は、こちら
参加日 2006.1.8

第1日曜日が元日だった今月は、一週間繰り下げて8日に開催された亀川ウォーク。我々の新年会のオプションとして取り入れられ、9名が参加させていただいた。
今回は新年明けて1回目ということで、お正月三社詣コース。八湯ウォーク初参加の私も、大変楽しみにしていたプログラム。
午前10時、亀川駅前にて受付。心配していた天気も幸い晴れ。不思議なことに、このメンバーが集まるときには天気には恵まれる強運ぶり。


写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


JR亀川駅 〜 旧国道


駅前で記念撮影を済ませて、いざ出発!ガイドしてくださるのは“別府のヨン様”こと土田真市さん(実名記載には、ご本人の了解を得ています)(ブログ461主催)。

なお亀川駅は明治44年開業。現在使われている木造駅舎は開業当時のものを引き継いでいるそうで、風格がある。お正月らしく、門松が迎えてくれた。
 JR日豊本線 亀川駅
(散策マップ15)
亀川駅前から東へ直進。

土田ガイド「ここが亀川駅前通りですね。」

参加者から、なぜか、笑い。というのも、この駅前通り、全長わずか20m〜30mなのだ。
 亀川駅前の
WELCOMEゲートをくぐり…
 亀川駅前通りを進むと…
  突き当たりが、大正時代創業の老舗、小松屋旅館。

ここから左に折れ、旧国道へ入る。
 小松屋旅館(散策マップ18)
お正月らしくお飾り
 旧国道を北へ進む  土田ガイド
「これが別府石です。」
平田から関の江の海岸まで、昔は青松の砂丘で、海岸には天然砂湯もあったという話。

右の写真奥、見難いが、昔の防波堤が写っている。昔は、そこまで波が打ち寄せていたというわけだ。現在、海岸線は埋め立てられている。

さらに進むと、湯気抜きのある立派な邸宅に、思わず、歓喜のどよめき。そもそも温泉愛好会の我々、自家泉の説明には、素早く反応。入れるあても無いのに、とりあえず写真だけはパチリ。

自家泉つきの自宅…永遠のあこがれである。
「可愛いアーチがありますね。」
奥に昔の防波堤が見える 
  国道10号線を渡って、三女神社へと向かう。

土田ガイド
「この辺は、昔は漁師町だったところですねぇ〜。」

今も往時を偲ばせる古い建物が残っている。
 湯気抜きのついた
屋根が見える
 三女神社の近所で

三女神社

別府市古市町5 (散策マップ20) 別府ふるさとガイド三女神社


まず一社目が、こちら「三女神社」。
本殿前でT永さんから神社について詳しい説明を伺った後、各々お参り。

ご利益は豊漁、豊作、海路平安などであるらしいが、正式なことは置いといて、男性陣には、それだけで顔がニヤけてきそうな、何とも ありがた〜いお名前の神社である。



おまけ。温泉愛好会であると同時に写真部(?)でもある我々、それを実感する面白い写真のご披露。
このように、写真を撮る者も、他の者の被写体になってしまう…。三女神社にて。

 なお@福岡さん撮影
デジカメ構えて何やら撮影中の私
 もぐさ撮影
そのとき私が撮った写真がコレ
亀カメ倶楽部の旗を持って
ご機嫌の三人を、もぐさ撮影 
 なお@福岡さん撮影
その撮影様子を撮った写真


新年会まとめ

亀川ウォーク(2)  亀川ウォーク(3)  亀川ウォーク(4)  亀川ウォーク(5)  コース地図(散策マップ)


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  別府市  2006年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved