鉱泥温泉

基本データ
URL 別府八湯ML辞書 鉱泥温泉
住所 大分県別府市小倉6
電話番号 0977-66-0863
営業時間 12月-2月 8:15〜12:00、3月-11月 8:00〜12:00
定休日 木曜日
入浴料 800円
泉質 (掲示無)
温泉分析書等 (掲示無)
備考 浴室内は撮影禁止
訪問日 2004.11.29 / 2006.1.9

前夜、ヨシキ幹事「鉱泥温泉が復活しているので、朝、入りに行きませんか?」の鶴の一声で、入浴決定。午前9時半の集合時間に合わせ、総勢10人、坊主地獄の駐車場に集結。あれれ、以前入り口に掛けてあった「鉱泥温泉」の看板が無いのは、なしてか?まぁ、いいか。

なんでも台風14号による被害で、数ヶ月間休業していたらしい。浴舎がすっかり綺麗に改築されていて、驚いた。受付のおばちゃんに尋ねてみたら、昨年(2005年)9月の話とのこと。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。



掛け流しの湯船のお湯で体を清めた後に、泥湯に体を沈め、上がって乾かし、また泥湯に入り…と、これを2〜3回繰り返す。


泥湯の方は、噴気吹き込みにより温度を上げるようだが、この日はかなり熱めに調整してあって、すぐに汗ばんだ。
敷地入口 背後の鶴見岳が
雪をかぶって綺麗だった
庭園を通って浴舎入口へ 営業時間・定休日に
多少の変更あり

療養泉として利用されるこちらの泥湯は、入り方のマナーも非常に厳しく、常連のオバハンの厳しい指導つき。なにかしら失敗しては、お小言くらうことになる私。それだけ皆さん真剣ということだろう。実際、若者が大挙してゾロゾロ入浴すると、なんとなく浮いてしまう。

泥湯でお肌パックした後は、肌スベスベになるのよん♪ しかし、温泉に興味の無い者には、泥湯は気持ち悪いのがホンネだと思う。温泉がそれほど得意でないタマちゃん、果敢に泥湯にチャレンジ!お疲れ様でした。



新年会まとめ


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  別府市  2006年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved