鳥越温泉 鳥栖市地域休養施設 とりごえ荘

基本データ
URL ■鳥栖市 環境経済部 農林課 より
 ・ とりごえ荘【鳥栖市地域休養施設】
 ・ 山の風景 やまびこ山荘&とりごえ荘(平成18年4月)
きずなのひろば さが“食と農”絆づくりプロジェクト より とりごえ荘
鳥栖スタジアム より 市内の施設紹介 やまびこ山荘・とりごえ荘
住所 佐賀県鳥栖市河内町2352
電話番号 とりごえ荘 : 0942-85-1002
鳥栖市役所環境経済部農林課 : 0942-85-3563
営業時間 4月〜9月 11:00〜19:00、10月〜3月 11:00〜17:00
定休日 毎週火曜日、3月・6月・9月・12月の第4金曜日(祝休日の場合は翌日)、年末年始
入浴料 (大部屋使用時) 大人300円、中学生200円、小学生100円
乳幼児無料
泉質 単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)(旧泉質名:単純温泉)
温泉分析書等 源泉 名称 鳥越温泉 鳥栖櫓石源泉
湧出地:鳥栖市河内町字櫓石2600番地4
ゆう出地における調査及び試験成績(調査及び試験年月日平成16年9月29日) 泉温:25.3℃、ゆう出量:100L/分(動力揚湯)
知覚的試験:無色澄明無臭無味 pH値:8.0、ラドン含有量(Rn)−
成分総計:494mg/kg(平成16年10月14日)
備考 受付時、利用届に代表者の住所・氏名・電話番号の記入が必要
固形石鹸あり、シャンプー無、ドライヤー無
訪問日 2006.3.30

「とりごえ荘」は、河内ダム湖畔に1989年8月にオープンした鳥栖市の施設。

2005年11月4日、九千部山へのドライブの帰り、たまたま立ち寄るまで、私はこんな場所に天然温泉があるとは知らなかった。そのときは、とりごえ荘は工事中で入れないという話で、隣りの宿泊施設「やまびこ山荘」のお風呂に入浴させてもらった。

とりごえ荘のお風呂が掛け流し式に生まれ変わって再開された旨、当方の画像掲示板で鳥栖在住の方からお知らせを頂戴し、さっそく入りに行ってみた。

浴室は、内風呂1つだけのシンプルなもの。しかし洗い場にはシャワー完備で、これで入浴料300円なら上等である。掛け流し式になったというお湯の質にも、私は十分に満足。こんなところに温泉らしい温泉があるとは意外な気もするが、ここは、ちょっとした穴場かもしれない。近場で安い温泉に入りたくなったら、また訪ねようと思う。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


営業再開


2005年5月、国の基準値以上のレジオネラ菌が検出されたのを受けて休館。給湯方式を循環式から掛け流し式に変えるなど菌が発生しにくいよう改善され、2006年3月25日に営業再開。

脱衣場入り口に、温泉分析書のパネルと共に、左2枚も掲示してある。
レジオネラ属菌 検査済証 かけ流し式になった

(参考資料) NPO入浴施設衛生管理推進協議会 より
レジオネラ関連ニュース 17年5月14日 レジオネラ菌:3年前に続き、鳥栖市直営「とりごえ荘」で検出 / 佐賀



道路に立つ案内板に、張り紙がしてあった。

「3月25日(土)より営業を再開いたしました。」
桜満開まで、もう少し とりごえ荘 正面より 奥は宿泊施設「やまびこ山荘」
玄関前や駐車場のところに設けてある花壇には、ラッパ水仙、ヒヤシンス、ムスカリなどが花盛りで、とても良い香りがしていた。

ほころび始めたソメイヨシノが満開を迎えるには、もう少し時間がかかりそうだ。
駐車場 玄関前の花壇
敷地入り口のミツマタ(三叉)満開 和紙の原料となる木 アプローチに植えてある枝垂桜は、まだ蕾


館内の様子


玄関を入ってスリッパに履き替え、受付。施設の利用届に代表者の氏名などを記入する必要がある。

休憩ロビーには、ボケや菜の花、桃、ユキヤナギなどが、たっぷり活けてある。「綺麗ですね、写真撮ってもいいですか?」受付のおばさん「たくさんバサッと入れただけなんだけど…。」いえいえ、ご謙遜。ロビーいっぱいに春が広がる。

館内は木のぬくもりに溢れている。
玄関 玄関の頭上に掛かる木の額
ロビーの頭上にはランプ ロビーの様子

玄関で受付を済ませたら、長い廊下を奥まで進む。

廊下の突き当たりが男女別の浴室になっている。

浴室へ続く廊下 廊下に面して大休養室 浴室入口 手前が男、奥が女


男 湯


脱衣場 入り口方向を見る 脱衣場 洗面所方向を見る 浴槽 窓からは河内ダムが見える
湯口付近 浴室入口と洗い場 反対側の洗い場と天井 木の天井


女 湯


脱衣場 入り口方向を見る 脱衣場内の様子 洗面台はステンレス 浴室入口のガラス戸
今週末ともなれば、ダム湖畔沿いに植えてあるサクラが、浴室の窓から美しく眺められることだろう。

温泉は内風呂のみ。
浴室入口の戸と洗い場 浴室内の様子 窓からは河内ダムが見える
浴槽 湯口付近 浴槽 湯口方向を見る 浴槽 湯尻方向を見る
お湯は、やや黄色がかって見えるが、浴槽のタイルの色のせいかもしれない。ごくわずかに白濁。

弱く鉱物臭がする。
浴槽の縁は白大理石 浴槽壁面に開けられた孔と湯切り口からオーバーフロー
天井と壁は木が使用されている。湯気抜きの格子が良い感じ。 洗い場と天井 反対側の洗い場
塩素消毒の表示があるが、塩素臭はまったく感じなかった。

つくりは、脱衣場は男女同じ、浴室内は男女対称で同じである。
整然と並べられた椅子と洗面器 籠に入れられた石鹸入れ



河内ダム


とりごえ荘は、河内ダム湖畔に建っている。帰りに河内ダムで少々早いお花見(?)をしてみた。

ダムの周囲には、様々な種類のサクラが、たくさん植えられている。もうしばらくして満開を迎えたら、さぞかし美しいことだろう。湖畔に沿って遊歩道が設けられているので、のんびり歩いてみるのも楽しいかもしれない。
ダム対岸から見たとりごえ荘全景 早いサクラは、満開!
「風の見える橋」の奥に、とりごえ荘が見える 風の見える橋(遊歩道) 平成7年3月竣工
ピンク色の鮮やかな「桃色」の桃の花も綺麗だった 道路沿いに植えてある多くの桜が、目を楽しませてくれる



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2006年03月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved