(別府市) 此花温泉

基本データ
URL
住所 大分県別府市光町
電話番号
営業時間 4月〜10月 6:00〜22:00、11月〜3月 6:30〜22:00
(22:30〜清掃)
定休日
入浴料 100円(別府八湯温泉まつりにて無料開放)
泉質 単純温泉
温泉分析書等 源泉名:此花温泉、pH値:7.7、泉温:源泉− 使用位置60℃
溶存物質合計:0.703g/kg、成分総計:0.708g/kg
(分析年月日平成17年8月2日)
備考 2010年1月13日、光町大火で焼失
訪問日 2006.4.1

1階が温泉、2階が地区公民館という造りなのだが、初めて訪ねる人は、絶対に迷うだろう。なにしろ道路からは、建物がほとんど見えないのだ。こんなところ通ってもいいの?と不安になるような細い路地を通り、玄関へと辿り着く。

温泉まつりのためか、狭い番台にはオバチャンが3人。「どうぞ、どうぞ。」と非常に温かく迎え入れてくださった。

平時も一般入浴可。長期滞在の場合などは、5枚綴り300円の回数券がお得です、との話。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。



次々に入りに来る組合員さんたちは、皆さん、ひとしきり番台のオバチャンと世間話を楽しんでから、おもむろに浴室へ。

地域密着の共同浴場であることを実感できる光景。
表の通りからは
ほとんど建物は見えない
北側から 南側から
入り口には温泉まつりの提灯 向かって左が男湯、右が女湯 お薬師さん


男 湯


入り口暖簾と下駄箱 湯口 湯だめ
脱衣場+浴室一体型の別府の典型的な共同湯スタイルで、浴室は、比較的ゆったりした広めの空間。無色透明のサッパリやわらかい湯。浴槽への水は止めてあったが、浴槽の湯の温度は、ぬるめだった。

浮かべてあるザボンは、受付のオバチャンに尋ねたら、温泉まつりのために特別との由。

浴室内に掲示されている昭和55年の温泉分析表パネルでは、源泉が明星学園前給湯枡(野口原)になっている。昔は引き湯していたのだろうか?
浴室内に掲示されている
温泉分析表パネル


女 湯


脱衣場の方を見る 湯気が邪魔… 男女の仕切り壁の方を見る 天井近くに湯気抜きの隙間
湯尻から、湯だめの方を見る 湯だめと、湯口 湯口は勝手に当たらないこと 温泉まつりのザボンが3個



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県別府市  2006年04月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved