2006年04月01日 別府八湯温泉まつり ― その5

冨士見温泉(富士見第二温泉)

基 本 D A T A

住所 大分県別府市富士見町
入浴時間 6:00〜11:00、14:00〜23:00
入浴料金 ? (別府八湯温泉まつりにて無料開放)
その他 管理人職務時間 9:00〜15:00(昼休み 12:00〜13:00)
泉質
分析書等 掲示無

※画像をクリックすると、別画面で大きい写真を表示します

 外観など

北から(2005.5.24撮影)

南から(2005.5.24撮影)

公民館の前のお薬師さん 岩の祠にまつられている

この日は温泉まつりの提灯が

玄関付近、右が受付

玄関に掛かる味のある額

玄関入り左が男湯、右が女湯

富士見公民館に併設の温泉。

付前に料金箱が置いてあるものの、入浴料金などの表示は無く、この日は管理人さんも不在で、料金不明。

入浴中のオバチャンによれば部外者は100円入れると大丈夫ということだが、入浴者は、ほぼ100%地元の地区の人との話。

受付にある掲示と料金箱

 

 男湯

上がり口、扉は無い

脱衣場 手すりはサッシ

脱衣場から見た浴室の様子

脱衣場から階段で半地下の浴室に下りるつくりの温泉で、雰囲気がある。

切石の縁にタイル張りの浴槽は第一冨士見温泉のものと似ているが、浴室も浴槽もこちらの方が広めで、ゆったりしている。

階段を下りて半地下の浴室へ

水道

浴室奥から脱衣場の方を見る

湯だめ

浴槽

浴槽 反対側から

 

 女湯

お湯は無色透明、わずかに鉱物臭。湯温はかなり高めなのだが、常連さんたちには「今日は、ぬるい」そうだ。なんでも、今日はお湯の出が悪いらしい。

浴槽に使ってある水色のタイルは、綺麗な模様入りの物が使われている。写真が撮れなかったことが心残り。先客のバーチャンが洗い場で体をすっているときに、お願いしてバタバタ写真を撮らせてもらった。

女湯入口にはピンクのカーテン

浴室から脱衣場を見上げる

湯だめ

浴室奥から見た浴槽

 

[ 04月一覧目次 ]

[ 温泉めぐりモノグサ写真日記@九州 HOME ]