2006年04月01日 別府八湯温泉まつり ― その7

今井温泉

基 本 D A T A

住所 大分県別府市竹の内
注意事項 組合員専用のジモ泉、通常は一般入浴できません(別府八湯温泉まつりにて無料開放)
泉質
分析書等 掲示無

※画像をクリックすると、別画面で大きい写真を表示します

 外観など

外観 北側から

入口

入口には温泉まつりの提灯

中に入ると、お薬師さん2体

 

 男湯

入口の方を見る

浴室から見た脱衣場

浴室の様子

窓と天井付近

静かな住宅街にある静かなジモ泉。

特別開放される午前10時に一番乗りしたら、男女共に浴室内には誰もおらず、静かな静かな時間が流れていた。

浴槽と湯だめ

塩ビパイプの蛇口は水

使われない源泉は逃がされる

 

 女湯

入口の方を見る

浴室から見た脱衣場

浴室の様子

浴槽と湯だめ

お湯は無色透明無味無臭の澄んだもの。小さな黒い粒が湯の中にたくさん舞っていたが、湯の花か澱かわからなかった。

先客がかなり加水していたとみえ、ぬるい。湯だめの木の杭をはずして源泉を湯船注げば、なにしろ熱い源泉、すぐに適温。湯だめに木の杭の栓がされ源泉が使われないときには、余ったお湯は男湯の湯だめの孔から逃がされる仕組み。いやはやお湯を捨てるとは、贅沢な話である…。

 

[ 04月一覧目次 ]

[ 温泉めぐりモノグサ写真日記@九州 HOME ]