2006年08月22日 ― その5

武雄温泉 蓬莱湯

基 本 D A T A

ホームページ等 (財)武雄市観光協会武雄温泉のご紹介
住所 佐賀県武雄市武雄町大字武雄7425

入浴時間

6:30〜21:30
電話 0954-23-2001(武雄温泉株式会社)

入浴料

400円
注意事項 石鹸・シャンプー類有、ドライヤー有
泉質 単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
分析書等 源泉名:第5号源泉
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温:45.3℃ PH8.23 成分総計766.3mg/kg
(温泉分析年月日H18.6.15)
--------------------------------------
源泉名:第6号源泉
泉質:単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)
泉温:49.6℃ PH8.20 成分総計829.4mg/kg
(温泉分析年月日H18.6.15)
--------------------------------------
給湯:湯だし口からは第5号源泉及び第6号源泉混合の原湯を供給
--------------------------------------
状況に応じ加水・状況に応じ加温・循環・消毒

※画像をクリックすると、別画面で大きい写真を表示します

 蓬莱湯(ほうらいゆ)

武雄温泉の大衆浴場では、私は いつも元湯。「鷺乃湯」には一度だけ入ったことがあるが、考えてみたら「蓬莱湯」は未湯だったので、今回入ってみることにした。

元湯より100円高いこちら、お客さんの数も さほど多くなく、ゆったり。人ごみが嫌な人には いいと思う。

脱衣場には、重要文化財指定書(新館と楼門)のコピーが額に入れてかけてあり、興味深い。

蓬莱湯の入り口は、元湯の左側 重要文化財指定書の写し

 

 男湯

脱衣場
入り口側を見る
脱衣場 脱衣場
浴室入り口付近

浴室内の様子  浴室の下部はタイル張り、上部は木張り
格子の窓からも光が差し込む
ライオンの湯口

浴槽は1つ。「ジェットバスを設けた現代的なお風呂」と紹介されているため、もっと今風な面白味に欠ける浴室かと思っていたら、共同湯的な雰囲気のある湯船で、なんとなくホッ。

ライオンの湯口の他、浴槽壁面から何ヶ所かお湯が強く注入されている。後から考えてみたら、これが“ジェットバス”なのだろう。

半循環のお湯で、お湯そのものには特徴無し。湯口で消毒の塩素臭を感じる。

天井には、湯気抜き

 

 女湯

脱衣場
入り口側を見る
脱衣場
洗面台の方を見る
脱衣場
浴室方向を見る
浴室入り口の
注意書き

浴室
入り口付近
浴槽 浴室の下部はタイル張り、上部は木張り
天井の格子の湯気抜きは、明かり取りの役目も

洗い場にはシャンプー・ボディソープが備え付けられていて、驚いた。

脱衣場には冷房がよく効いており、湯上り気持ちよかった。

小ぶりなライオンの湯口 洗い場 備え付けの
シャンプーセット

 

[ 08月一覧目次 ]

[ 温泉めぐりモノグサ写真日記@九州 HOME ]