【博多情緒めぐり2006】 寺社町ウォッチング
妙楽寺 ・ 聖福寺 ・ 東長寺

基本データ
URL 博多めぐり
訪問日 2006.11.12

お天気も良く、ぶらぶら歩いてお寺めぐりが気持ちよい。ふだんは見られない場所を まとめて拝観できるのも、とても楽しかった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。



古刹の並ぶ御供所町界隈は、大勢の人で賑わい、イベントらしい雰囲気だった。
大博通りにて


妙楽寺


寺社町ウォッチングの要所には、わかりやすい説明パネルがたててあった。
ういろう伝来之地の碑
通常は非公開の本堂 博多べい
今年は遅れている紅葉。お庭の木々の色づきは、これからといったところ。


妙楽寺 開山堂  ういろう茶店


チケット売り場 博多で「ういろう」を食べることは、あまり無い。
ういろう伝来の地に因んだ茶店が出るとのことで楽しみに訪ねた。
開山堂のぐるりに、緋毛氈の
お茶席が設けられていた
開山堂も、通常は内部非公開
ういろうは、この日のために特別に作られたものとのこと。上品な甘さで美味しかった。

これなら、苦い薬の口直しにも最適だろう!
お茶席は、一席300円とお手軽


聖福寺


総 門 受付 庫裏 (拝観不可)
茶の文化を日本に広めた栄西禅師に因み、仏殿の横に、野点の茶店が出店されていた。

妙楽寺で ういろうを頂戴したばかりだったので、私は見学のみ。
お抹茶、一席500円


東長寺


本堂は、いつでも拝観&お参りできる。
ただし本尊は厨子の中で、お姿は見られない。

この日も、絶えずお参りの方がいらっしゃった。

本  堂


東長寺 六角堂


福岡・ふるさとの歴史再発見より 六角堂


天保13年、博多在住の豊後屋栄蔵(万歳楼袖彦)が、名古屋以西の承認より財を募って、名古屋の堂宮大工・伊藤平左衛門を招き、建立寄進したもの。

毎月28日不動護摩供のときには、開帳されるそうだ。 
六角堂
(福岡市文化財指定)
弘法大師 文殊菩薩
地蔵菩薩 薬師如来 白衣観世音 北震霊符神

下層内部には、正六角形の輪蔵に六体の仏像が安置されている。この輪蔵は自由に回転できるとのこと。
私は初めて内部を見たが、仏像のつくりは繊細で優美、その綺麗な姿に、思わず見とれてしまった。

係員さんに、写真を撮ってもよいかと尋ねると、「どうぞ、どうぞ。中にも入って、一周して、ゆっくりお参りください。」
博多のお寺は、拝観する機会は少ないけれども、写真撮影については寛容なところが多い印象を受ける。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2006年11月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved