有田天然温泉 有田スイミングスクール

基本データ
URL
住所 佐賀県西松浦郡有田町南原甲902
電話番号 0955-42-6688
営業時間 10:00〜22:00
定休日 日・祝祭日、毎月の月末(29・30・31日) 
入浴料 大人(中学生以上)525円  小人(3才以上)260円
泉質 ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉(低張性 アルカリ性 冷鉱泉)
(旧泉質名:純重曹泉)
温泉分析書等 源泉:名称 有田温泉 スイミングスクール源泉
湧出地 佐賀県西松浦郡有田町南原甲902番
泉温:17.7℃ 湧出量:130L/min(動力揚湯)
知覚試験:無色透明 無味 微泥臭 pH9.43
ラドン(Rn)― 成分総合計:1.262g/kg
(湧出地における調査及び試験年月日 H19.1.30)
備考 シャンプー&ボディソープセット有、ドライヤー有
訪問日 2007.6.14 / 2009.6.20

スイミングスクールの温泉というから、プール関係者だけで利用する閉鎖的なものかと勝手に想像していたら、さにあらず。立派な浴室があって、温泉だけの立ち寄りでも、誰でも利用しやすい雰囲気で、ほっ。

温泉専用の入り口は建物裏手にあるのだが、こちらは無人。まずはスイミングスクールの受付で料金を支払い、利用券を受け取る。応対してくれたお兄ちゃんに「ここの温泉は、出来て何年ぐらいになるのですか?」と聞いてみたら、「もう10年ぐらいになります。」へぇ、そんなに歴史があるとは、知らなかった。

受付のところからは、ガラス越しにプールの様子を見学できるようになっている。ついでに「このプールに使われているのは、ふつうの水ですか?」と尋ねてみたら、お兄ちゃん「いえ、プールもすべて温泉です。」えっ、そうなんだ!?源泉が冷鉱泉なので、源泉と加温した温泉をブレンドし、温度調整しているそうだ。循環式なのは仕方ないとしても「加水無し」の温泉プールとは、うらやましい。「温泉で泳いで、その後、温泉のお風呂につかって帰れるなんて、利用者の方が、うらやましいですね。」と言うと「ええ。プールで泳ぐと意外と体が冷えますから、体を温められるお風呂は、喜ばれていますよ。」とのお話だった。


写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


有田スイミングスクール外観 「有田天然温泉」の文字が入った
スクールバスが、いっぱい
こちらがスイミングスクール玄関
入って右が受付(事務所)
まずは受付で料金を支払う
プールを満たすのも、すべて温泉 温泉浴室は、裏手にある 壁面に、ドーンと大きく
「ゆ 温泉」の文字
こちらが温泉浴室部分
建物裏から 温泉専用入り口付近 待合スペース
写真左奥が、プール連絡ドア
壁面には、色々な掲示
写真右が、女湯入り口
「おっ、誰もいないや〜。」と、まずは、いつもの習慣で あちこちウロウロ写真を撮っていたら、受付してくれたお兄ちゃんがスッ飛んで来て「女湯の入り口は、こちらです。」と、わざわざご案内いただいた。

帰るときになって、待合スペースの天井に監視カメラが設置されていることに、初めて気がついた。事務所からモニターされていたわけね、失礼しました。
事務所で受け取った利用券 こちらのポストに利用券を投入
こちらのドアの向こうは、プール
水着のまま、温泉に直行できる
プールの予定表
プールの安全確保のための
緊急自主点検結果
温泉分析書
(平成19年2月26日)
加温・循環ろ過はしてあるが
加水はしてない


男 湯


男湯は、玄関入って左側 脱衣場 入り口方向 脱衣場 浴室内から脱衣場の方を見る
入り口付近から、浴室を見る 浴槽 無色透明なお湯だが
そのヌルヌルは驚異的
写真左の蛇口からは、源泉が
分析書によると、pH9.43とアルカリ性が高く、また、Na+を多く含み、アルカリ土類イオン(Ca2+、Mg2+)が少ない「純重曹泉」で、ヌルヌル条件が揃っている。実際、つかってみて、その驚異的なヌルヌルに感激してしまった。

また源泉を汲める蛇口が設けてあるのも嬉しい。源泉は、薄っすら硫化水素臭。
洗い場 湯口
バルブがあるのは冷たい源泉


女 湯


入り口暖簾 脱衣場 入り口方向 脱衣場 浴槽奥から脱衣場の方を見る
洗い場 浴槽 女湯では、ジャグジーが作動 湯口付近から
バルブがあるのは、冷たい源泉
無人の男湯に対し、女湯は、プールから上がった水着姿のご婦人方が、次から次へと温泉にやって来て、賑やかな喋り声が浴室に響いていた。訪問したのが午後3時頃、ちょうど夕食の準備前に運動を済ませた方たちだろう。

ぬるぬるして気持ちの良いお湯ですね、と感心していると、(月)〜(木)毎日泳ぎに来ているというオバチャンが「ここに通うようになって、肌の調子も良く、化粧水やローションをまったく使うことが無いんですよ。」と話してくださった。使わない、というより、「使うのを忘れる」のだそうだ。
浴槽の壁が薄っすら黄色く変色
温泉成分によるものか
女湯には、源泉を浴びられる
シャワーも設置されている

そのオバチャン、失礼ながら決してお若くはないと思うのだが、確かに肌が瑞々しくて張りがあり、きれい。温泉効果だろうか。「プールも温泉だそうですが、泳いでいて、ヌルヌルするんですか?」と尋ねてみたら「泳いでいるときは意識しないんですけれど、ここのプールは、皮膚がかさつくことが無いんです。」重曹泉は加温により更にヌルヌルが増すから、たぶん、温度の低いプールは、お風呂ほど強いヌルヌル感は無いはずだが、いわば“化粧水”の中で泳いでいるようなもの、いいなぁ。私も泳ぐのは好きなので、もし、近所にこんな温泉プールがあったら、絶対に会員になっていることだろう。




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2007年06月一覧 2009年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved