御供所ライトアップウォーク2008 東長寺


第14回博多灯明ウォッチング


基本データ
URL 御供所ライトアップウォーク
■博多経済新聞 2008年10月12日
博多の寺社をライトアップ−「御供所ライトアップウォーク」開催迫る
開催日 2008年10月24日(金)・25日(土)・26日(日)
時間 18:00〜21:00 ※24日は承天寺方丈のみ20:30終了
入場料 当日券500円、前売券400円
(承天寺・東長寺・妙楽寺 各会場共通)
主催 御供所ライトアップウォーク実行委員会
問い合わせ 福岡市都市景観室 TEL:092-711-4395
訪問日 2008.10.25

このイベントは、貴重な歴史的建築物とすばらしい景色を持つ御供所(ごくしょ)地区をもっと多くの人に知ってもらい、博多の歴史や文化を身近に感じてほしいという願いから、平成18年、福岡市都市景観賞20周年記念事業の一環としてスタートしたものだそうで、今年で3回目。

照明デザイナーの松下美紀さんの総合プロデュースのもと、御供所地区の古刹が美しく、かつ荘厳に照らし出され、昼間とは また異なる幻想的な景観が演出される。また、今年は新たなテーマとして「地球にやさしいライトアップ」を目指し、消費電力を抑えるために器具にLEDを採用するなど、高輝度・高効率の電飾を使用。さらにデザイン面からも、照らすポイントを工夫して少ない電力でのライトアップを行い、3寺院の使用電力の合計は昨年の13,100ワットから、約6割の7,500ワットに抑えたそうだ。(資料:博多経済新聞)



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


本堂(左)と六角堂(右奥) 本堂 本堂前の灯明
幽玄の世界 六角堂の特別公開
大勢の人が、立派な一眼レフと三脚持参で写真撮影を楽しんでいた。

私が使っているのはオモチャのようなコンデジ、しかも今回は三脚を使わなかったので、これが精一杯の写真だが、雰囲気ぐらいは伝わるだろうか。

「御供所ライトアップウォーク」は、私は今年、初めてブラブラ見に行ってみたのだが、暑からず寒からずの陽気も幸いしてか、会場には、想像していたより はるかに多いお客さんが訪れており、驚いた。
和紙の紙袋の中に
砂の重しとロウソク

各会場の前には、拝観を待つ人の長蛇の列が出来ており、それに並ぶ気力の無かったヘタレな私は、東長寺だけ境内を拝観し、あとの2か所はパスしてしまった。当日券売り場の前にも長蛇の列が出来ているので、もし見に行ってみたい人は、前売券の購入を強くおすすめする。




第14回博多灯明ウォッチング


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2008年10月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved