川添温泉 (有限会社 吉村砕石の温泉)

基本データ
URL
住所 鹿児島県姶良郡湧水町川添185
電話番号 0995-75-2317
営業時間 17:00〜20:00
定休日
入浴料 家族湯 一室500円(入浴は40分程度)
泉質 アルカリ性単純温泉 (低張性 アルカリ性 温泉)
温泉分析書等 温泉名:―、湧出地:姶良郡吉松町川添字新村185-3
湧出地における調査及び試験成績(実施日 H5.2.25)
湧出量等:55リットル/分(動力揚湯)
知覚的試験:無色透明 無味無臭、pH値9.0
ラドン含有量:2.8×10-10Ci/kg(10Bq/kg)
成分総計:169.3mg/kg (平成5年3月19日)
備考 備品類、無し
訪問日 2009.1.10.

吉松温泉の南のはずれ、(有)吉村砕石が、ご家族でやっている小さな温泉。メイン道路である国道268号線から細い道を入っていくと、すぐに立派な石垣に囲まれたお宅が目に入る。その広い敷地の東の奥に湯小屋が建っている。あらたまって「川添温泉」と呼ぶより、「吉村さんちの温泉」といった雰囲気だ。

なにしろ空いている時間が夕方5時から夜8時まで、一日わずか3時間という厳しい条件。今回ようやく初めて立ち寄ることができた。

浴室は2室のみ、それを家族湯として貸切で使う形。私が到着した午後5時半過ぎ、浴室は両方とも塞がっており、外で待つこと暫し。入浴時間は40分程度と書かれているが、ちょうど5時40分頃、左の浴室からは老夫妻が、右の浴室からはお婆ちゃんが、ほぼ時を同じくして出てこられた。そのお婆ちゃんがオーナー(会長)婦人で、温泉に入りたい旨伝え、お金をお渡しする。

察するに、午後5時からの一番風呂は、ご家族やご親戚など、いつも入る人や順番が決まっているのだろう。勝手知りたる常連のご夫婦は、ちょうど5時40分頃、軽トラでご到着。湯小屋に向かって右側の家が「会長さん」ご夫妻のお宅で、左側の家が「社長さん」のお宅だと教えてくれた。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


国道268号線から入って、この細い道を進んでゆくと、
(有)吉村砕石の看板が目に入る。さすがに立派な石垣。
玄関先に立派な石灯籠がある家
こちらは社長さんの御宅だそうだ
立派な門柱の向こうに、温泉!
湯小屋に向かって右側の家は
会長さんご夫妻の御宅とのこと
温泉の裏手には、見事な石庭の
ある御宅、ここも御親戚かいな?
川添温泉 浴舎
左側には石のテーブル&椅子
入口付近 家族湯は2室
温泉碑
掘削 平成4年3月3日 至9月18日
深サ 681m
温度 40℃

常連ご夫妻のお話では、左右の浴室で、湯船のお湯の温度が微妙に異なるらしい。どっちがどうだか、ちょいと失念してしまったのだが、確か向かって左の浴室の方が湯船が浅く、お湯が熱めと言われたと思う。
利用案内 入口脇に建っている温泉碑


右の浴室


浴室は両室とも、さすが石屋さんの温泉だと思わされる立派なもの。石がふんだんに使われ、湯船は巨大な岩のくり抜き。なんでもオーナーさん自らが手がけたものだとか。

右の浴室は、見学だけさせてもらった。
脱衣場の様子
左奥の石は「天狗石」だそうだ 「受けた情は 石に刻み
かけた情は水に流す」
こちらの浴室の洗い場は
左右に わかれて、2ヶ所


左の浴室


脱衣場の様子 衛生管理のため
次亜塩素酸ソーダを使用
こちらも立派な岩のくり抜き風呂 カランは2つ並んでいる


今回入らせてもらったのは、左の浴室。

掛け流しの無色透明のお湯は、サラリとしていて癖が無く、さっぱりしたもの。

ただ、お湯につかると、塩素臭が少々鼻についた。お湯そのものに塩素が入れられているのか、浴槽の清掃に使われた洗剤の匂いが残っているのか、私には判然としなかったが、ともかく次亜塩素酸ソーダが使用されていることは、脱衣場にきちんと掲示されていた。
湯口付近 浴室奥から入口の方を見る
天井の様子

湯量は豊富で、浴槽に身を沈めると、ザバーッと豪快にオーバーフロー。洗い場の床に置いていた洗面器が、隅の方まで流れていってしまった!




温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  鹿児島県  2009年01月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved