深耶馬溪温泉郷 若山温泉

基本データ
URL
住所 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬3263
電話番号 0979-55-2063
営業時間 10:30〜20:00(受付は19:30まで)
定休日 不定休
入浴料 大人300円、小人150円
泉質 アルカリ性単純温泉
温泉分析書等 源泉名:民宿 若山、pH8.5、泉温:源泉46.9℃、使用位置45.2℃
成分総計:0.381g/kg (分析年月日:平成6年6月7日)
備考 固形石鹸、ドライヤー有り
訪問日 2005.6.26 / 2009.6.26

県道28号線沿いの「ドライブイン若山」にある温泉。男女別の内湯もあって、こちらも、なかなか鄙びた良い風情の浴室なのだが、若山温泉で人気といえば、やはり、裏手の山移川沿いに設けられた混浴露天風呂だろう。

しかし、私が入りたいと思うときは、いつも男性の先客があり、混浴する勇気も無く、今まで露天風呂の方に入る機会が無かった。2005年「露天風呂の日」(無料開放)は、日曜日ということもあり、殿方で大賑わい。とてもとても若い女の子が一人のこのこ入っていける状態になかった。一転、平日だった今年(2009年)の露天風呂の日は、なんと内湯も露天も無人ではないか!大喜びで両方つかったのは、言うまでもない。加水、加温なしの完全掛け流し。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


県道28号線沿いにある若山温泉 目立つ看板も出ており
わかりやすい
駐車場も、広々
食堂の中の様子 内風呂の入口付近 入り口を入ったところに
温泉分析書などの掲示
2階休憩所は2時間以内700円
2時間以上1,000円
廊下の奥から 内風呂の建屋の裏と
右はベビコンの置かれた小屋
ガタガタ稼働中のコンプレッサ


男湯(内湯)


脱衣場 岩風呂仕立てになっている 奥から入口の方を見る
シンプルな四角い浴槽が1つ 男女の仕切り壁の方を見る
こちらの奥が湯口


女湯(内湯)


脱衣場 浴室のつくりは
男女対称で同じ
手すりは、2005年には無かった 湯口は湯につかっており
源泉は湯面下に注がれる
お湯は、薄い黄色透明のモール泉で、内湯では、ごく弱くモール臭が感じられる。

内湯のお湯の温度は、やや熱めだった。
湯尻付近 奥から入口の方を見る 男女の仕切り壁の上部には
すりガラスのはまった窓


露天風呂(混浴)


この「露天風呂」の文字は
県道からも、よく見える
こちらが露天風呂 入り口付近から
奥には、簡素なものながら
男女別の脱衣スペースあり
男性脱衣場 女性脱衣場 脱衣場の裏
川に源泉が捨てられている
奥から やや、ぬるめの温度なので
長風呂も出来そうだ
薄い黄色透明のモール泉
モール臭も、比較的、明瞭
湯口付近
屋根を見上げる 美しい景色を眺めながらの入浴。この開放感は、なんとも爽快!
風に吹かれながら入る露天風呂は、最高に気持ちがいいねぇ〜!う〜ん、極楽、極楽。しかし、この日は先の行程もあることとて、5分もつかっていなかった。

初夏には水面に蛍が飛び交い、また格別だそうだ。
山移川からは、鈴を振るようなカジカの鳴き声も聞こえてきていた
春の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々に楽しめる
2005年6月26日(日)撮影
男性客で芋荒い状態…



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2005年06月一覧 2009年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved