天然温泉 とろろ乃湯

基本データ
URL とろろ乃湯
住所 大分県中津市耶馬溪町山移5927
電話番号 0979-55-2080
営業時間 平日 11:00〜20:00受付、土日祝 10:00〜20:00受付
定休日 月曜日
入浴料 大人350円、子供(小学生)150円
泉質 アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性温泉)(旧称:単純温泉)
温泉分析書等 源泉名:小町湯
湧出地:耶馬渓町大字山移5904番地
湧出地における調査及び試験年月日:H11.8.17
泉温:34.9℃、湧出量:62.7L/min(動力 掘削735m)
知覚試験:無色、澄明、微弱塩味、殆ど無臭、pH値:8.8
ラドン(Rn):測定せず、成分総計:0.425g/kg (H11.9.30)
備考 石風呂・檜風呂は男女週替り、シャンプー&石鹸有、ドライヤー有
訪問日 2006.7.20 / 2009.6.26

とろろ乃湯は、耶馬溪町の温泉密集地帯である深耶馬溪温泉郷や裏耶馬溪温泉郷からは少し離れたところに湧いている。耶馬溪ダムから「とろろ乃湯」へと通じる道路には、案内看板も出されているので道に迷うことはないとしても、初めてだと、ホントに、この先に温泉なんてあるの?と、不安な気持ちになってきそうな細い山道だ。

雑誌『月間シティ情報 おおいた』(2006年12月号)の記事によると、そもそも養鶏場を経営している岩本さんが、すぐそばの自宅用として温泉を掘ったところ、思いのほか良質の温泉が出たため、近所の人たちに開放したのが始まりだとか。せっかくなら、自慢の地鶏も味わってもらいたいと考えたご主人、鶏舎の1つを壊して本格的な食事処&温泉施設をつくり、多くの人に楽しんでもらえるようにしたのが、ここ、とろろ乃湯なのだそうだ。オープンは2005年6月下旬。源泉掛け流し。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


名湯・秘湯 湯ったりおおいた oitatv.comによると、温泉名の由来は、目の前に広がる「とろろの山」から。なんでも、この辺りは、昔から地元の人たちの間で「とろろ谷」と呼ばれていたところという。四方を山に囲まれ、すぐ横を長谷川の清流が流れる緑豊かな谷になっており、2009年6月訪問時には、川からコロコロとカジカの美しい鳴き声が響いてきていた。初夏には、ホタルの乱舞が見事ということだ。

実は、私、最初は「ととろの湯」だと勘違いしていた(笑)
宮崎アニメの“トトロ”が棲んでいても、おかしくなさそうな、自然豊かなところだ。

こんな山の中の田舎に、と言っては失礼ながら、とても瀟洒なつくりの建物。
花壇のお花に出迎えられる 田んぼの上には、養鶏場
ニワトリの声が聞こえる
駐車場のところには
冷たい湧き水が
暖簾をくぐって、玄関へ 玄関へのアプローチ横の水路は
ホテイアオイの薄紫色の花が咲いたら、綺麗だろうな
受付カウンターを見る カウンター横が
とろろ庵の入り口
こちらの出入り口から
温泉へと進む
池のあるお庭


農場直営地鶏料理 とろろ庵


地鶏の炭火焼きをはじめ、自家農場の新鮮な鶏を使った山里の味が食べられるそうだ。


室内の様子 屋外にもテーブルがあるので、お天気が良い日は、外でいただくのも、気持ちよさそう〜


とろろ乃湯 お花たち


とろろ乃湯は、いつも きれいな生花で彩られているのも、個人的には印象的だ。

外の花壇もそうだし、あちこちに飾られている活け花も、目を楽しませてくれる。
玄関の外
受付の待合スペース 温泉入り口


とろろ乃湯


受付から、この渡り廊下を
進むと、温泉の入り口
入り口暖簾 向って左が石風呂、右が桧風呂 こちらにも、ちょっとした待合スペース


桧風呂(この日は、男湯)


脱衣場 洗面台 浴室出入口
入り口付近から奥を見る お店のキャッチコピーは「心やすらぐ桧風呂」 洗い場は、シャワー完備
「昔なつかしい五右衛門風呂」
水風呂である
さほど広くはないものの、内風呂に露天風呂、水風呂、シャワーつきの洗い場と、必要にして十分な設備が揃っている。

こんな山の中の温泉に、と思われるかもしれないが、あに図らんや、これが、結構お客さんが来られるのだ。2009年6月、星さん&月さんご夫妻と一緒に訪ねた「露天風呂の日」、第一湯は、こちら。30分前から待たせてもらい、オープンと同時に入ったので、無人の浴室写真も、バッチリ!


石風呂(この日は、女湯)


脱衣場 洗面台 脱衣棚
浴室奥から脱衣場の方を見る 入り口付近から浴室を見る 浴槽は浅い部分も広いので
半身浴ができる
内湯の湯口
弱く掛け流されている
天井を見上げる 洗い場を見る
露天から見た浴舎
五右衛門風呂と、露天風呂 五右衛門風呂は、水風呂 露天風呂 湯口
露天風呂は、ややぬるめに温度調整してあったので、長湯できる
お湯は無色透明で、ツルスベ感のある肌ざわり。湯口で、ごく弱く鉱物臭を感じるようにも思うが、ほとんど癖の無い、素直で、きれいなお湯。

こちら「石風呂」の露天の面積は、かなり広く取ってある。ベニカナメ(かな?)の生垣の他は、砂利が敷いてあるだけで、他に、これといって何もつくられていない庭なのだが、なんといっても、「耶馬溪とろろ谷」の山々が、よい借景になっている。緑豊かな「とろろの山」を眺めながら、露天風呂につかっていると、なんだか、ほっと生き返るような気分がする。
緑濃い山々を眺めながら



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2006年07月一覧 2009年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved