原尻橋 (大分県緒方町)

基本データ
URL 土木遺産in九州-原尻橋
伯河川国道事務所 土木遺産・石橋めぐり より 原尻橋
■緒方町の観光 より 緒方の石橋群
住所 大分県豊後大野市緒方町原尻 ▼地図こちら(MapFanWeb)
電話番号
見学時間 24時間
定休日
見学料 無料
訪問日 2009.8.22

緒方町には、大小たくさんの石橋が残っている。中でも代表的なものが、こちら原尻橋原尻の滝の上流700m程のところに架けられており、緒方橋鳴滝橋とともに、町を代表する3大石橋と言われているそうだ。

今も現役で使われている美しい五連アーチ橋。

◆架設年:大正12年(1923年)
◆橋長:73.0m ◆橋幅:3.7m
◆径間:13.0m(5連) ◆形式:石アーチ



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


道の駅「原尻の滝」にあるパネル 下流、左岸から見たところ もうちょっとズームして… 下流側の左岸河川敷から
左岸下流側の親柱
「大正十二年五月」かな?
石橋の上は、舗装されている 左岸上流側の親柱には
「原尻橋」と刻まれている
高欄の束石には、寄付者の氏名と金額が刻んであり、珍しいのだそうだ。131本の石柱に、131名の名前が刻まれており、このような土木工事に、それだけ多くの人の寄付があったというのも、驚きに値することらしい。
下流側を見る
束石のひとつひとつに
「一金〜」の文字が刻まれている
上流側を見る



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2009年08月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved