博多湾クルージング マリエラ MARIERA
ランチクルーズ(誕生日アニバーサリーサービス)

基本データ
URL 博多湾クル−ジング「マリエラ」公式ホ−ムペ−ジ
住所 クルージング発着 : ベイサイドプレイス博多埠頭
電話番号 問い合わせ : マリエラ予約センター 092-751-7171
時間 ランチクルーズ 12:00〜(約90分)
料金 ランチクルーズ シェルコース
3,000円+オンシーズン料金(7〜10月) 500円
備考 インターネット予約すると、5%割引
訪問日 2009.8.26

8月は、某P氏の誕生日。思い出に残るプレゼントをと考えて、マリエラのランチクルーズを予約。

博多湾をクルージングしながらフランス料理を楽しもうという趣向だが、ランチコースだと、手軽な3,000円(+オンシーズン料金500円)から用意されており、また、誕生日の人は、ケーキもしくはスパークリングワインをプレゼントしてもらえる嬉しいアニバーサリーサービスがあるのだ。さらに、インターネットから予約すると、料金が5%割引される。たかが数百円であっても、やはり有り難い。料金の支払いは、事前に銀行振込みで済ませておく。

乗船当日は、雲ひとつないピッカピカの夏の青空、絶好のクルージング日和となった。これも天からの素晴らしい贈り物だね!平日のお昼だったが、ちょうど夏休みとあって子どもの姿も多く、なかなか賑やか。マリエラ人気を実感した次第。こういう形で誰でも気軽に海と親しみながら遊ぶことができるのは、博多湾が近い福岡市ならではの楽しみ方だと思う。

なお、マリエラは、1993年4月運行開始。現在は、西日本鉄道(西鉄)の100%子会社である(株)西鉄シティホテルにより運営されている。同社は、西鉄グランドホテルとソラリア西鉄ホテルも管理運営。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


今回利用したのは、気軽な
シェルコース(3000円)
博多ふ頭第1ターミナル外観  11:30までに、こちらで乗船手続きを済ませる
博多ふ頭第1ターミナル内 MARIERA マリエラ 専用窓口 パンフレットと、2人分の乗船券 航路案内図
第1ふ頭には、海水魚が泳ぐ大きなアクアリウムもある 埠頭に入港するマリエラの姿 マリンメッセ福岡を背景に
マリエラは、2つの船底が平行に並んだ構造をしている「双胴船」、海上での走行中の安定性に優れている。

ほとんど揺れも無く、船上であることを忘れるほど快適なクルージングで、驚いた。
ベイサイドプレイス博多埠頭
天気良過ぎで逆に写真難しい〜
博多ポートタワーと一緒に
タワーは高さ100m、竣工1964年
乗船したMARIERA
のりば入り口、夏休みには
志賀島へ向かう家族連れも多い
マリエラのりば マリエラ 前方から
ランチを頂いた部屋は
1階 プリムヴェール
「プリムヴェール」は、フランス語で「さくら草」の意味だそうだ
「さくら草」色にまとめられた、ゴージャスな雰囲気のレセプションホール
お客さんが多いことにも、びっくり
「博多湾レストランシップ」「海の上の貴賓席」
インテリアなども立派で、ホテルみたい!
ピアノも備え付けられていた
テーブルセッティング メニューも用意されていた
思い出になるね
食器類は、スプーン・フォーク類にいたるまで、マリエラのロゴ入り
ローストビーフ、生ハム、モッツアレラチーズのミルフィユ仕立て コーンスープの
冷製豆乳仕立て
パン
ポークロースのクラポディーヌ風 トロピカルフルーツのムースブラマンジェ添え
マリエラの料理は、すべて西鉄グランドホテルの一流シェフが腕をふるったものだそうだ。フレンチコースといっても、赤ちゃんからご年配の方まで、普段着で肩肘張らずに楽しめるカジュアルな雰囲気。難しいことを考えなければいけないなら、リラックスできないよね。

インターネットで、舌が肥えたグルメな方々のクチコミを見ていると、料理には過大な期待をするなというご意見も散見するが、私の舌には、とても美味しかった。夏向けにサッパリ。ただ、3000円コースだと、男性には量が物足りないかも。

スタッフの皆さんの対応は丁寧で、とても気持ちが良い。カメラを持参している者のテーブルでは、記念撮影してくれるサービスも。お客さんの人数が多くても、落ち着いて手際よくテキパキ捌いてゆかれる様子を見ていて、ホテル流の教育が徹底していると感じた。また、事前の電話問い合わせや、予約時のメール対応も迅速で、好印象だった。

お待ちかねのAnniversary Serviceは、私の好みで、申し込み時にケーキを選択していた。デザートのときに、ろうそく2本が立てられたムースケーキが運ばれてきた。写真で見て想像していたものより大きく、これまた、びっくり。持ち帰りを希望する場合は箱に入れてくれるが、すぐに切り分けてもらって、その場で頂いた。うん、美味しい!

いくつになっても、やっぱり、お祝いは嬉しいよね〜。
冷製スープの器や、コーヒー用のミルクピッチャーは
冷たく冷やされた食器が、直前にサービスされた
本日の主役
HAPPY BIRTHDAY!
ムースケーキ
(角型・12cm×16cm)
ろうそくは、年齢に関係なく
誰でも、2本!
2人分に切り分けられた状態
主役である某P氏には、事前に、船で昼食とだけしか伝えていなかったため、デッキでカレーライスでも食べるもんだと思っていたらしい。まさかフレンチとは思っていなかったようだけれども、味も口にも合ったようで、それが何より。

高い値段のコースのことはわからないが、これで乗船料込みで一人3,500円であれば、総合的に考えると、コストパフォーマンス、GOOD!誕生日記念にはオススメと思う。
マリノアシティの観覧車
福岡タワーとマリゾン 眺めの良いところでは
皆、カメラでパシャパシャ
百道地区を望む
福岡Yahoo!JAPANドームと
JALリゾートシーホークホテル福岡
写真右の緑地は、西公園
せっかくのクルージングなんだから、窓からの博多湾の眺めも、しっかり楽しまなくちゃね!いつも見慣れた風景も、海の上からだと、また異なる表情に見える。

…といっても、食事に集中していると、ついつい窓の外を見るのは疎かになってしまう。

食事が終わると、皆さん、三々五々と3階デッキへ。
荒津大橋 都市高速1号線
私も船内散策! エントランス&ショップ
1階ロビー 2階に続く階段
2階「ヴィオレット」の部屋
ツアーで乗船のお客さんも
2階の船尾側にある部屋「イリス」
カップルシートとして使われるらしい
3階デッキへの階段
Flying Deck(フライングデッキ)
後方から
前方から スカイデッキ メニュー表
マリエラ・ウェディングを挙げた
歴代のカップル名が、前方に
船尾側 能古島、玄海島、志賀島が
よく見えている
COSTA CLASSICAが停泊中
巨大な外航客船、全長220.6m
記念撮影いかが? マリンメッセ福岡と
博多港国際ターミナル
船首からの眺めも楽しめるつくり 船首部分 操船室の様子も
ガラス越しに見学できる
 


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  福岡県  2009年08月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved