琴ひら温泉 ゆめ山水 露天風呂


琴ひら温泉ゆめ山水  男性露天風呂「あうんの湯」  女性露天風呂「まるゆ」「うたかたのゆ」


基本データ
URL 琴ひら温泉-游食庭 琴ひら・ゆめ山水
住所 大分県日田市琴平町1571-1
電話番号 0973-23-8827
営業時間 平日 12:00〜22:00(受付終了21:30)
土日祝日 10:00〜22:00(受付終了21:30)
定休日 無休
入浴料 大人500円、小人250円
泉質 塩化物・炭酸水素塩泉
温泉分析書等 源泉名:琴平温泉 (掲示証、温泉分析書の掲示無し)
備考 シャンプー&ボディソープセット有、ドライヤー有
訪問日 2010.2.15

共同湯もいいけれど、たまには季節を感じながら、風情たっぷりの露天風呂で、時間を忘れて、のんびり過ごしたくなることもある。そんな気分のときにオススメの一湯が、こちら琴ひら温泉ゆめ山水。2003年12月にオープンした温泉だ。

賑やかな日田市街地から、そう遠くもないのに、緑豊かな高瀬川沿いに造られた露天風呂は、静かな秘境を思わせる落ち着いた雰囲気。

滝と渓流を眺めながら入ることのできる男性露天風呂は、実に開放的。目隠しがしてある女性露天風呂からは、残念ながら川は見えないけれども、お庭の造りの美しさが、個人的に気に入っている。そう、こちらは、黒川温泉「黒川荘」、天ヶ瀬温泉「山荘天水」、「秘湯うめ乃庄」の姉妹店。もちろん、「足さずに、割らずに」使われている掛け流しのお湯は、文句なし。

大分合同新聞湯ったりおおいた「日田市 琴ひら温泉 ゆめ山水」には、「見事な庭園はオーナーで建設会社を経営する崔本正義会長の発案。自然な感じをより出すため、建物より先に庭園を造成し、その後、その庭園に似合うように建てたという。」と書かれており、お風呂とお庭が見事に調和しているのも、むべなるかな、と、納得できる。




写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


高瀬川沿いの道路の分岐、
右が露天風呂、左が家族風呂
露天風呂入り口付近 「天領の里」 入り口から「そば処琴ひら」まで
真っすぐにのびる道
以前は、確か入浴料金は700円したと思う。

今回、「ぬくもり代」は500円になっていて、あれ?嬉しいことではあるが、いつから値下げされたのだろう?後から気づいたため、番台で確認しそこねた。

700円だと、ちょっと…と引いてしまいそうだが、500円なら、リピートもしやすいよね。
番台(受付)も、良い雰囲気だ 「琴ひら恵比須」だそうだ
番台のそば
男湯入り口脇には
「待ちあひ処」(休憩所)


游食庭 琴ひら(外観)


立派な門構え 小川なども配してある
入り口から80m直進した最奥部に、そば処「琴ひら」がある。立派な門をくぐり、雑木林の中の小道を抜けて、たどりつく趣向になっており、新緑はじめ、四季折々の美しい景色に心も洗われそうだ。母屋は高瀬川に面して建っていて、渓流を眺めながら食事が出来る。

食事をすると、露天風呂の入浴料割引サービスもあるので、併せて楽しむのも、よいかも。


ゆめ山水家族風呂


焼肉すみ火、家族風呂、古民具 天水は、露天風呂の敷地より一段高くなった土地に造られている。


古民具 天水 家族風呂の敷地 家族風呂受付棟


おこずき


敷地の入り口手前、高瀬川の河川敷に「おこずき」の案内が立っている。「おこずき」が何なのか、よくわからないが、滝が綺麗に眺められる。目隠しがしてある女性露天風呂からは川も滝は見えないので、こちらで楽しもう。


「おこずき」って、何?
景勝地の名称?
滝が見える 梅が咲いていた 下流側に見える
橋は、国道210号線日田バイパス



琴ひら温泉ゆめ山水  男性露天風呂「あうんの湯」  女性露天風呂「まるゆ」「うたかたのゆ」


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  大分県  2010年02月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved