野沢温泉【外湯めぐり】 秋葉の湯(あきはのゆ)


外湯めぐり・集印めぐり 麻釜 大湯 松葉の湯 秋葉の湯 中尾の湯 新田の湯 十王堂の湯 横落の湯 熊の手洗湯
上寺湯 麻釜の湯 河原湯 真湯 滝の湯 薬王山健命寺・湯沢神社 ミニ温泉広場「湯らり」 野沢温泉町歩き


基本データ
URL 野沢温泉観光協会 外湯の紹介
住所 長野県下高井郡野沢温泉村
電話番号 問合せ:0269-85-3155(野沢温泉観光協会)
営業時間 夏期(4月〜10月) 5:00〜23:00
冬期(11月〜3月) 6:00〜23:00
定休日 無休
入浴料 お賽銭
泉質 含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩温泉
(低張性アルカリ性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:大釜
湧出地:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷8712-1
湧出地における調査および試験年月日:平成9年12月12日
泉温:83.2℃、知覚試験:無色澄明、硫化水素味を有する
pH値:8.7、成分総計:1029.9mg/kg (平成9年12月26日)
備考 備品類無し
訪問日 2010.5.2

「野沢温泉アリーナ」や「おぼろ月夜の館・斑山文庫」の近くにある共同浴場。モルタル造り。

秋葉の湯にお奉りされている十二神将は、伐折羅大将(ばさらたいしょう)。勢至菩薩を本地仏とし、丑の方位を守るそうだ。

温泉街の中心部からは少し外れたところに位置するので、ここは人が少ないかと思いきや、なんのなんの、やはりゴールデンウィーク中だけあって、賑やかなこと。

お湯の色は、白濁していたり薄青色に見えたり、日によっても異なるらしいが、この日は、きれいな薄緑色を呈しており、感動的ですらあった。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


建物の裏手から
入り口付近 伐折羅大将 扉の向こうは、最奥部が洗濯湯 洗濯湯の方から
入り口の方を見る
奥に設けられている洗濯湯 浴室は、手前が男湯、奥が女湯 昭和50年の温泉分析書が
掲げられている
酸化還元電位(ORP)分析書
「還元系温泉」


男 湯


脱衣場と浴室は
ガラス戸で仕切られている
きれいな薄緑色だった 浴室奥から 湯もみ板
脱衣場と浴室は、一体型ではなく、別々になっている。男湯は、2面の壁に窓がとられており、日射しが差し込んで、明るい空間になっている。

秋葉の湯には、温泉と冷泉の2種類の源泉が引かれており、水道水ではなく冷泉を使用することによって、温泉効果を薄れさせずに温度調節できるそうだ。
湯口付近


女 湯


脱衣場 浴室奥から脱衣場の方を見る 湯もみ板 女湯の窓は、一面
きれいなお湯の色だねぇー カランのある洗い場
かなり熱めの温度であったが(体感で44〜45℃ぐらいか?)、入ってしまえば別に大丈夫。

ときどき硫化水素臭を感じるものの、それほど強いものではない。お湯の中には、大きな白い湯の華が少量見られた。
男女の仕切り壁の方を見る 天井の方を見上げる



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長野県  2010年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved