野沢温泉【外湯めぐり】 大湯(おおゆ)


外湯めぐり・集印めぐり 麻釜 大湯 松葉の湯 秋葉の湯 中尾の湯 新田の湯 十王堂の湯 横落の湯 熊の手洗湯
上寺湯 麻釜の湯 河原湯 真湯 滝の湯 薬王山健命寺・湯沢神社 ミニ温泉広場「湯らり」 野沢温泉町歩き


基本データ
URL 野沢温泉観光協会 外湯の紹介
住所 長野県下高井郡野沢温泉村
電話番号 問合せ:0269-85-3155(野沢温泉観光協会)
営業時間 夏期(4月〜10月) 5:00〜23:00
冬期(11月〜3月) 6:00〜23:00
定休日 無休
入浴料 お賽銭
泉質 単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:大湯
湧出地:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷9329-1
湧出地における調査および試験年月日:平成9年12月12日
泉温:66.2℃、知覚試験:無色澄明、弱硫化水素臭を有する
pH値:8.5、成分総計:717.0mg/kg(平成9年12月26日)
備考 備品類無し
訪問日 2010.5.2

温泉街の中心にある大湯は、言わずと知れた野沢温泉のシンボル的存在。野沢温泉の外湯を代表する共同浴場だ。正面には、薬師三尊仏がお奉りされている。

堂々たる風格をたたえた見事な三層の木造建築は、江戸時代の趣を現代に伝え、とても重厚かつ美しい。建物は明治、平成の時代に新改築されているが、そのつど江戸時代当時の湯屋建築を再現しているのだそうだ。

外湯めぐりパンフレットには、「開湯については定かでないが、地元では惣湯と呼びならしてきたといわれています。惣というのは中世以来の農民による村落共同体のこと。湯を中心として、村民たちが一致団結してきたさまがうかがるようです。」と書かれている。ちなみに、「総湯(惣湯)」という歴史的名称が現在も使い続けられているのは、石川県のみ。

今回の私の長野県遠征は、野沢温泉、そして、この大湯を見るのが主目的であったと言っても過言でない。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


温泉街の中心部に位置する 写真右は朝市通り
正面から 薬師三尊仏
正面には「犬養御湯」の額も
「犬養の御湯」の説明
「温泉入浴時のご案内」 長野県温泉協会の掲示 各々の外湯に設置された
「集印めぐり」の集印台
専用の集印帳をこすると
意匠が浮き上がってくる


男 湯


木のぬくもりに満ちた浴室は、天井が高く、開放感がある。木製の浴槽は、「あつ湯」と「ぬる湯」の2つに仕切られている。


入口側から奥を見る 手前が「ぬる湯」、奥が「あつ湯」 「ぬる湯」湯口
浴室奥から 入口付近と脱衣場 湯気抜きのある天井


女 湯


澄んだお湯は、きれいな緑色を呈していた。白い湯の華が見られる。湯口には飲泉コップが備えつけられており、飲んでみると、ごく弱い酸味と玉子味。

入口付近と脱衣場 入口側から浴室を見る 浴室奥には、湯だめ 奥の「あつ湯」
湯口には、飲泉コップ 天井には湯気抜き 「お願い」


大湯のあくと(足湯)


大湯のすぐ前には、「あくと」と呼ばれる足湯がある。「あくと」とは北信州の方言で踵の意味だそうだ。


大湯の、すぐ目の前 白い大きな湯の華が見られる



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長野県  2010年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved