野沢温泉【外湯めぐり】 横落の湯(よこちのゆ)


外湯めぐり・集印めぐり 麻釜 大湯 松葉の湯 秋葉の湯 中尾の湯 新田の湯 十王堂の湯 横落の湯 熊の手洗湯
上寺湯 麻釜の湯 河原湯 真湯 滝の湯 薬王山健命寺・湯沢神社 ミニ温泉広場「湯らり」 野沢温泉町歩き


基本データ
URL 野沢温泉観光協会 外湯の紹介
住所 長野県下高井郡野沢温泉村
電話番号 問合せ:0269-85-3155(野沢温泉観光協会)
営業時間 夏期(4月〜10月) 5:00〜23:00
冬期(11月〜3月) 6:00〜23:00
定休日 無休
入浴料 お賽銭
泉質 含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩温泉
(低張性アルカリ性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:茹釜、下釜混合
湧出地:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷
湧出地における調査および試験年月日:平成10年1月6日
泉温:81.9℃、知覚試験:無色透明、弱硫化水素味を有する
pH値:8.9、成分総計:1029.4mg/kg(平成10年1月21日)
備考 備品類無し
訪問日 2010.5.2

横落信号機の交差点下、中央ターミナルのすぐ近く。民宿組合事務所の半地下(坂道を利用した階下)にある共同浴場だが、1階の案内所の看板は裏返され、現在は使われていない様子。

横落の湯にお奉りされている十二神将は、珊底羅大将(さんてらたいしょう)。虚空蔵菩薩を本地仏とし、巳の方位を守るそうだ。

横落の湯は、男女の浴室で、浴槽の形が異なるのが面白い。男湯の浴槽は四角形なのに対し、女湯のそれは円形で、なにか可愛らしい。円形の湯船がある外湯は、ここだけ。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


坂の下から
横落交差点の方を見る
上部は民宿組合 入り口側
奥が女湯 虚空蔵菩薩
昭和59年の温泉分析表
野沢組惣代・湯仲間の「定」


男 湯


脱衣場 脱衣場と浴室を仕切るガラス戸


脱衣場と浴室は、ガラス戸で仕切られて、別。

お湯は、ほぼ無色透明。うっすら弱く玉子臭が漂う。
湯もみ板がかかっている 析出がこびりついた湯口


女 湯


脱衣場 まんまるい湯船が
かわいらしい
湯もみ板
まぁー、お湯の温度が、ハンパでなく激アツ!!

最初は、とても入れる状態になく、蛇口から加水しながら、一緒になった人たちの共同作業で桶でかき混ぜて、なんとか入浴可能な温度にまで冷ます。それでも、つかっていられるのは3秒が限度だった。熱いことで知られる野沢温泉を象徴するようで、それも、また、よい思い出になった。
湯口付近



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長野県  2010年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved