野沢温泉【外湯めぐり】 滝の湯(たきのゆ)


外湯めぐり・集印めぐり 麻釜 大湯 松葉の湯 秋葉の湯 中尾の湯 新田の湯 十王堂の湯 横落の湯 熊の手洗湯
上寺湯 麻釜の湯 河原湯 真湯 滝の湯 薬王山健命寺・湯沢神社 ミニ温泉広場「湯らり」 野沢温泉町歩き


基本データ
URL 野沢温泉観光協会 外湯の紹介
住所 長野県下高井郡野沢温泉村
電話番号 問合せ:0269-85-3155(野沢温泉観光協会)
営業時間 夏期(4月〜10月) 5:00〜23:00
冬期(11月〜3月) 6:00〜23:00
定休日 無休
入浴料 お賽銭
泉質 単純硫黄温泉(緊張砥張性高温泉)
温泉分析書等 源泉名:滝の湯
湧出地:下高井郡野沢温泉村大字豊郷字日影8183-ロ-13
湧出地における調査および試験年月日:平成9年12月12日
泉温:73.0℃、知覚試験:無色澄明、弱硫化水素臭を有する
pH値:7.7、成分総計:1123mg/kg(平成9年12月26日)
備考 備品類無し
訪問日 2010.5.2

麻釜の源泉の少し上、山ぎわの静かな場所にある共同浴場。温泉街からは少し外れており、麻釜から坂道をのぼってゆく。

滝の湯にお奉りされている十二神将は、毘か羅大将(びからたいしょう)。釈迦如来を本地仏とし、亥の方位を守るそうだ。

源泉名は「滝の湯」、自家源泉である。パンフレットには「神秘的な緑色!」と紹介してあるが、濃く深い緑色を呈する澄明なお湯は何とも美しく、とても印象的であった。

硫化水素イオン(HS-)21.63mg/kg、遊離硫化水素(H2S)4.120mg/kg。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


麻釜から、この坂をのぼっていく 細い坂道を歩いて…
こじんまりした佇まい 入り口付近 毘か羅大将 湯汲み場の方から
女湯側に隣接して湯汲み場 湯汲み場 近くに咲いていた
ショウジョウバカマ
カタクリ


男 湯


入口の方を見る 脱衣場 入口付近から
湯口
浴室も、こじんまりとした造り。浴室脱衣場一体型。

お湯の中には、黒や白の小さな湯の華が舞っている。湯口の岩にも、湯の華がベットリ。

入れ違いになった先客が適温まで加水したそうだが、それでも熱めで、44〜45℃?
湯気抜きのある天井


女 湯


脱衣場 入口付近から 湯もみ板
ラッパのマークの木桶
男女の仕切り壁 湯気抜きのある天井 13軒の湯仲間により
維持管理されているそうだ



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  長野県  2010年05月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved