社会医療法人 謙仁会 クアハウス謙仁の杜
天然温泉 謙仁の湯 (メディカルフィットネス伊万里)


山元記念病院 至福の湯(足湯)&山元七次メモリアルギャラリーこちら


基本データ
URL 謙仁の杜 of Kurhaus
拡散強調画像(DWI)の世界(理事長ブログ) > 謙仁の杜
住所 佐賀県伊万里市二里町八谷搦13-5
電話番号 0955-22-2221
営業時間 月〜木・土曜日 10:00〜22:00(最終入館時間 21:30)
日曜・祝日 10:00〜18:00(最終入館時間17:00)
定休日 毎週金曜日・8月13日〜15日・12月30日〜1月3日
入浴料 入浴のみ無し
メディカルフィットネス伊万里 ビジター利用 1,500円(1回)
泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩温泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)(旧泉質名:含重曹−食塩泉)
温泉分析書等 温泉名及び源泉名:謙仁の湯
湧出地:佐賀県伊万里市二里町八谷搦13番地5
湧出地における調査及び試験年月日:平成20年10月28日
泉温:42.8℃、湧出量:81.6L/min 掘削自噴
知覚的試験:無色澄明・微弱硫化水素臭・微弱塩味・微弱金気味
pH値:7.6、ラドン(Rn):0.27×10-10Ci/kg(0.07M・E)
成分合計:4.38g/kg (平成20年11月11日)
備考 2010年7月6日 グランドオープン
シャンプー&ボディソープセット有、ドライヤー有
訪問日 2010.06.21

山元記念病院が、旧病院跡地での新源泉掘削に成功したのは、2006年。この温泉は、そもそも前院長の奥様である仁子さんが、職員の福利厚生のためにと提案されたことに端を発するというお話を伺った。ご本人は、残念ながら2006年8月に亡くなられているが、そのご遺志が実り、1,200mのボーリングで素晴らしい温泉が湧き出たことを、きっと喜んでおられるに違いない。

源泉は、長いこと敷地内で垂れ流され、自由に汲めるように開放してあったので、私も、伊万里に出かける度に見学に立ち寄り、将来どういう形で利用されるのかと見守ってきた。

ようやく今年2010年7月、その温泉を利用した「クアハウス謙仁の杜」がオープンする。病院が所有する源泉の場合、病院関係者や患者さんだけしか使えない閉鎖的な利用環境になることも多い中、こちらは、会員制で、広く一般市民が恩恵に与ることができる施設になったことが、喜ばしい。1階がメディカルフィットネス伊万里で、2階・3階は、高齢者向賃貸住宅ヴィラ“こもれび”。屋外には、誰でも無料で利用できる足湯スペースも設けられている。

メディカルフィットネス伊万里は、医療法第42条第1項第4号に基づく「疾病予防運動施設」で、社会医療法人・謙仁会が直接運営する施設だそうだが、病気になってから病院に行くのではなく、病気を予防し、健康を維持するために、地域の病院や温泉に通えることは、素晴らしいことだと思う。ケンジンSPAクリニックが併設されていて、いつでもお医者さんや看護師さんに診てもらえるのは、心強い。また、専門家の指導を仰ぎながら、自分に合った健康づくりに取り組める安心感は大きいだろう。会員区分は幾つか設定してあり、医療機関の療養計画書を提出すると、少しお安いメディカル会員になれる。この療養計画書は、山元記念病院のものだけでなく、他の医療機関が発行したものでもOKとのこと。私も近所だったら、通いたいなぁ。

2010年7月6日のグランド・オープンに先立ち、6月21日〜27日にプレ・オープン(無料体験・内覧会)が開催されたので、私は施設の見学と、温泉入浴体験をさせていただいた。正式オープン後は温泉だけの入浴システムは無いが、ビジター会員制度(1回1,500円)があるので、ジムやプールでたっぷり汗をかいて、温泉を楽しんでみるのもいいかも。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


クアハウス謙仁の杜 入り口 ピンクの目立つ建物は
在宅ケアサポートセンター
玄関付近 謙仁の杜(けんじんのもり)
国道204号線側から見た全景
手前の赤い屋根の東屋は、足湯「からみん湯」
2010.6.21〜27
プレオープン(内覧会)
玄関ホールにて
玄関を入ってすぐのレストラン「ラ・ポルト」も、誰でも利用できる。「身体にやさしいヘルシー料理」が提供されるそうだ。

建物1階が、メディカルフィットネス伊万里のスペース。
東側から見た建物
2・3階は、ヴィラこもれび
トレーニングルーム横の廊下を突き当りまで進むと、更衣室と温泉
「フロアーゾーン」のトレーニングジムには、ウォーキングマシン、エアロバイク、ストレングスマシンなどが備えつけられている。健康運動指導士の運動プログラムに基づいてマシンを使用することができるそうだから、安心だね。

また、「アクアゾーン」には、歩行浴専用の温泉プール、ジャグジー、サウナ、天然温泉(謙仁の湯)がある。

プールにも天然温泉が使われており、毎日入っているスタッフさんの話によると、肌がスベスベ潤うそうだ。重曹泉だし、食塩泉は保湿効果が高いから、そうだろうねぇ。メタケイ酸の値も、81.0mg/kg。

プールサイドのジャグジーバスは、40℃程度に調節してある。ここで冷えた体を温めながら、プール利用するそうだ。また、ドライサウナもあって、とても良い木の香りがしていた。

なお、1階には、もともと院長先生の趣味である陶芸の工房「腰岳窯」の部屋もあり、会員制で陶芸を楽しめるようだ。
温泉プール ウォーキング専用で
深さは1m
プール・プールサイドのジャグジーにも、天然温泉利用
[施設概要]   パンフレットより抜粋転載
敷地面積 2927.85m2
建物面積 1722.19m2
構造 鉄筋コンクリート造3階建
建物経過 平成19年1月25日 「謙仁の湯」掘削工事完了
平成21年9月17日 工事請負契約締結 松尾建設株式会社佐賀支店
平成21年10月8日 設計管理監修業務委託契約締結 株式会社石橋建築設計事務所
平成22年7月6日 開館
現在の泉源の様子

過去の泉源の様子、自噴中
49℃の源泉を、いったん
タンクに溜めて47℃に落とす
2007年6月14日
奥のプレハブは旧「腰岳窯」
2007年11月4日
肥前五右衛門風呂オフ会にて
2009年6月20日
ヨッサン送別オフ会にて

なお、謙仁の湯オープンにより、従来、山元記念病院の本施設で使われていた冷鉱泉は、現在、止められているそうだ。温泉資源保護のための既存源泉からの距離規制の関係と思われるのだが、残念ながら佐賀県のホームページには、具体的な基準値が見当たらない。



足湯「からみん湯」


屋外の足湯は、「みんなのふれあい広場」として、誰でも自由に利用できる。

「からみん湯」とは、この辺の地名「搦(からみ)」に因み、「搦の湯」という意味なのだそうだ。
国道204号線沿い 「からみん湯」 無料 天然温泉を利用した足湯


男 湯


掘削深度は、1,200m。自噴(自然湧出)だと、湧出量81.6L/分(泉温42.8℃)で、地下200mからポンプアップする動力揚湯により、湧出量469L/分(泉温49.1℃)を確保しているというお話だ。

49℃の源泉は、いったん300Lタンクに溜めて温度を47℃まで落とした上で、浴槽などに供給されるとのこと。温泉浴場は、掛け流し式。ただし源泉温度が高いので、温度調節のための加水はあり。
入り口 天然温泉 謙仁の湯 ご案内
洗面所 ロッカールーム&更衣室 温泉入り口
男湯は、窓が2面で明るい うっすら緑がかって見える湯 浴槽は、6、7人は入れる
湯尻 洗い場にオーバーフロー
しないよう工夫してある
入り口と、洗い場の方を見る シャワー付きカラン3つ


女 湯


入り口付近 ロッカールーム&更衣室 ロッカーの鍵は
受付で受け取る
洗面所 お水が用意してある 浴室前の棚
奥に進むとプール入り口
浴室入口 入り口暖簾 浴槽
うっすら緑がかったお湯
女湯は、中庭がきれい
五重塔がある
44.9℃は、ちと厳しい(笑)
この後、加水により適温に
湯口付近 湯尻付近 洗い場と、入り口
女湯は窓が1面だが、中庭がきれいに整えてあり、風情がある。浴槽は6、7人サイズの内湯1つで、見取り図を見るに、浴室及び浴槽の広さは、男女で、ほぼ同じのようだ。

お湯は、含まれる鉄分のために、わずかに黄褐色に濁った色づきが見られる。お湯をそのまま放置しておくと、酸化により茶色に濁るそうだ。口に含むと、薄い塩味がある。ツルツル感があり、なにより掛け流しで新鮮な温泉につかれるのは、気持ちがよい。湯上り後、実際、肌がスベスベになり、化粧水要らずだった。一回の入浴でも「美肌の湯」を実感できたパワーある温泉。ずっと眺めて憧れていた源泉への全身入浴が実現し、嬉しい。
シャワー付きカラン3つ


ヴィラ“こもれび”(自立型高齢者向賃貸住宅)



建物の2階・3階は、60歳以上の人が対象の自立型高齢者向け賃貸住宅。

居室(20室)はワンルームで、キッチン、ユニットバス・トイレがついており、お家賃68,000円〜70,000円、共益費22,000円。
完全バリアフリーの部屋
窓が広くて、明るい
吹き抜け部分

病院附属の施設らしく、簡易人間ドック(山元記念病院MC画像ドック 年1回)、健康相談随時(ケンジンSPAクリニックの医師及び看護師)、メディカルフィットネス伊万里の利用の特典がつく。食事は、1階レストラン「ラ・ポルト」との個人契約も出来るそうだ。この辺は、伊万里の中でも便利なところで、生活しやすいという話。ユニットバスは温泉ではないそうだが、1階の「謙仁の湯」に入れば、必要最小限しか使わなくていいだろうね。




山元記念病院 至福の湯(足湯)&山元七次メモリアルギャラリーこちら


温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  佐賀県  2010年06月一覧


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved