珈琲所 コメダ珈琲店 菰野店

基本データ
URL 珈琲所 コメダ珈琲店 ホームページ
住所 三重県三重郡菰野町宿野443-1
電話番号 059-391-1515
営業時間 7:00〜23:00(オーダーストップ22:30)
定休日 年中無休
訪問日 2011.2.12

東海オフ会2日目の朝、「名古屋のモーニングをいただきましょう。シロノワールというのが有名です。」(by machikane幹事さん)ということで、宿泊先の湯の山片岡温泉からも近いコメダ珈琲店・菰野店にて、噂に聞くモーニングを体験。

コメダ珈琲店は、東海、近畿、信越・北陸、さらには関東にも店舗展開しているチェーン喫茶店であるが、九州には、まだ進出していない。営業時間は、なんと朝7時から。朝っぱらから、大勢のお客さんが「モーニング」を食べに来ており、地元に根付いた食文化であることを実感。ちょっとしたカルチャーショック(?)を受けた。

なお、「モーニング」とは、飲み物を注文すると、盛りだくさんのオマケがついてくるサービスのことで、いまや名古屋メシの一ジャンルなのだとか。基本形では、トーストとゆで卵が無料でついてくるらしい。なんとも太っ腹。福岡の近所にも、こういう喫茶店が来ないかなぁ。



写真をクリックすると拡大表示、矢印キーでスライドします。


玄関付近
店内の様子
小倉餡(+100円)は
星さん・月さんの注文
ブレンドコーヒー 380円
カップにもKomeda's Coffeee
ミニシロノワール 390円
一人分ならミニサイズで十分
コメダ珈琲店では、モーニングサービスとして、好きなドリンクを注文すると、無料でトースト&ゆで玉子が付く正統派。もっとも、モーニングとはいっても、特に時間は限定されておらず、朝でなくても食べられるものらしい。

また、シロノワールとやらが名物とやらで、私はミニサイズを注文してみる。温かいデニッシュの上に、冷たいソフトクリームがのせられた、不思議な組み合わせのデザート。不思議とハマりそうな味。シロップをかけると、いっそう美味。

「シロノワールの意味は?」という疑問に、ヨッサンが、携帯で、いち早く検索してくれた。フランス語で「黒い」ことを『ノワール』といい、黒っぽいデニッシュ生地のパンケーキの上に、白いソフトクリームが乗っていることから、「白ノワール」 → 「シロノワール」。また、「温と冷」「白と黒」という相反するものを一つにするというコンセプトと構造から、“シロノワール”と名づけられたそうだ。
シロノワール 590円
星さん・月さんの注文
メープル風シロップを
かけたところ
お隣りのテーブルの上 星さん、シロノワール撮影中
※この写真は、ヨッサンに
お借りしました
二日酔いらしい誰かさんは
朝からソーダ(笑)



温泉めぐりモノグサ写真日記@九州  三重県


Copyright(C)since2004 MOGUSA All Rights Reserved